ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモのガラケー値下げプランの噂「本当なら嬉しい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモが、フィーチャーフォン(いわゆる、ガラケー)の料金を10月中に値下げすると日本経済新聞が10月5日付の朝刊で報じ、ユーザーたちの関心を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

同紙によると、月額1500円以下で、1回あたり5分以内の通話がかけ放題になるプランを新たに設定する。現在、ガラケーにおける24時間通話し放題の「カケホーダイ」プランの月額基本料金は2200円。スマホには24時間通話し放題の「カケホーダイ」(2700円)以外に、1回あたり5分以内の通話がかけ放題になる「カケホーダイライト」(1700円)があるが、ガラケーには「カケホーダイライト」のプランは存在しない。

この新プランの設定は、総務省の要請を受けてスマホの価格見直しが進み、さらには格安スマホが台頭するなか、ガラケーユーザーの格安スマホへの流出を防ぎたい考えがあるのではないかと、同紙は指摘する。実際、大手キャリアで比較した場合、月額料金だけなら“通話し放題プラン”内では最安になる。なお新料金プランは、今月発売するLTEやVoLTEに対応した新機種の契約者が加入可能になるという。

データ通信をあまりしない人には、ガラケー人気は根強い。通話もそれほどしないというユーザーも少なくないようで、Twitterでも

「歓喜のガラケーユーザーがここに」

「素晴らしい」

「auも追随しないかなぁ」

「このプラン、時間にせかされそうであれなんだけど、とりあえず競争が発生するのは歓迎」

と、このプランを歓迎するほか、他社の追随を期待する声が散見される。また、

「ガラケーとスマホの2台持ちしてるからカケホーダイ安くなるのは大歓迎だよ」

という声にあるように、2台持ちユーザーにとっては、基本料金が安くなるのは朗報だろう。

賛成意見が多い印象の“新プランの噂”。ただ、2日経った7日にもドコモから正式に発表はされていない。とはいえ、事実なら一部のユーザーにとっては嬉しいプランになることは確実だろう。

(花賀 太)

【関連リンク】

■ドコモ「ガラケー」料金3割下げ 格安スマホに対抗‐日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08009780U6A001C1TI5000/

■「ドコモ ガラケー料金」の検索結果 –Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RivcshKPdXVREAHFBol_p7;_ylu=X3oDMTBiNGQxbjI5BHZ0aWQDanBjMDA0?p=%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A2+%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%BC%E6%96%99%E9%87%91&ei=UTF-8

(R25編集部)

ドコモのガラケー値下げプランの噂「本当なら嬉しい」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

アレにイラッ! ガラケーに戻したくなった理由TOP10
「ゆとり」先輩が新人に感じる世代ギャップ1位は?
芥川賞・又吉、ガラケーと映画話題
日本の経済成長 頼みはスマホ?
「ガラケー」生産中止、親が心配?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP