ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一周経験者が語る、就活中の不安や悩みを克服する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界一周経験者が語る、就活中の不安や悩みを克服する方法

世界中を旅し、たくさんの貴重な体験をした旅人学生たち。そんな彼らでも初めての就職活動ではさまざまな悩みや葛藤があったはず。そこで今回は世界一周経験者も含めた8人の社会人に就活中の不安や悩みをどのように克服したのかを聞いてみました。

*現在TABIPPOでは、旅好きや旅経験のある就活生向けに、登録するだけでTABIPPO限定の特別セミナーや、企業紹介情報をゲットできるLINE@「TABIPPO Career」を運営しています。

参考)旅好きな学生の就活をサポート!LINE@に登録して内定をゲットしよう

▼早速友達に追加したい方はこちら!▼

スクリーンショット-2015-11-24-13.34.41

 

100%全ての条件がそろうことはない

プロフ画像11-e1430398837684
大阪大学出身。大学四年を休学し、フィリピン英語留学、グアテマラスペイン語留学、キャンピングカーでアメリカ横断などをしながら初海外で世界一周を果たす。新卒でITベンチャーに入社後、TABIPPOにジョイン。現在は前職での経験を活かし、企業や旅行関連機関のマーケティング支援を行っている。

 

「最初は、本当に自分に合った会社が見つかるのか?という不安はありました。ですが、100%全ての条件がそろうことなんてほとんどなくて、自分の中で優先度をつけて軸を大きく3つくらいに絞ってからは企業選びがぐんと楽になりました。

部屋探しの時にも、絶対譲れない条件、あればなお良い条件、最悪どっちでも良い条件とかで分けて考えますよね。全ての条件を満たす部屋なんてないのと同じで、絶対譲れない条件だけ決めてあとはフレキシブルに色んな会社を見ていました。」

 

心の底からいいと思える企業があるか

プロフ画像10-e1430398501346
1987年生まれ/新潟出身/慶応大卒業後、専門商社のミスミに入社。2013年8月に退職し世界一周へと出発。アメリカの砂漠での奇才フェス「バーニングマン」を旅のスタートに、900kmにも及ぶスペイン巡礼、ブラジルサルバドールで5週間太鼓の練習をして、カーニバルへ参加。アフリカ大陸では、大陸をバスを使って縦断するオーバーランドツアーに参加。現在はTABIPPOイベント事業「旅大学」の統括を担う。

 

「自分が心の底からいいと思える企業に出会えるのか。が一番の悩みでした。就活を終えての感想は、正直あまりないなという印象でした。」

 

身の回りの人にたくさん話を聞くこと

hayashi-sayuri_banner
1988年群馬県みなかみ町生まれ。立教大学法学部。大学3年夏に海外留学(アメリカオハイオ州)を経験。大学を卒業後、リクルートライフスタイルじゃらんへ新卒入社。株式会社trippieceマーケティング担当。現在は政府観光局や自治体、企業のマーケティング・PRを自社媒体を使い支援。国内海外含め実際に現地に出向くことも多く、学生のとき以上に旅をしながら仕事をしている。

 

「不安や悩みはもちろんありました!同じ就活生と話をして解消したり(ただやりすぎると流されてしまう場合もあるので注意)自分のことをよく理解してくれている親や友達に話を聞いてもらっていました。また人生の先輩、社会人にもたくさん話を聞いてもらっていましたね!」

 

海外で就職活動をすることを強みに

プロフ画像1-e1430398883788(1)
1987年生まれ/元株式会社オプト勤務/TABIPPO創業メンバー。慶応大学在籍中にNYへ交換留学。「慶応生ルイスの留学×流学」はブログランキング上位の人気ブログに。約10ヶ月の留学中にボストンキャリアフォーラムにて就活も終わらせ、その後世界一周の旅へ出発。帰国後に世界一周団体TABIPPOを立ち上げる。

 

「僕はボストンで開かれる留学生向けのキャリアフォーラムで就活をしました。日本で就職活動をしている仲間たちと境遇が大きく違ったことは気になりましたが、それはそれで1つの強みにするしかないと開き直りました。」

 

厳しい言葉をいただく

Yui-Tokunari-講師バナー
1992年生まれ。大学2年次に内閣府主催の『世界青年の船』に参加したこと、インターンを通して出会った尊敬する多くの社会人から受けた影響をきっかけに世界一周を決意。休学をしなかったため、帰国後すぐに就職活動を開始し、クックパッド株式会社に入社。

 

「不安はありました。とにかく人に会って、自分の口で思いをしゃべるうちに、整理できるし、いいアドバイスや厳しい言葉をいただくようにしていましたね。」

 

自分の足で動くことが大事

しょう
1988年生まれ/埼玉出身/立教大学在学時に1年間休学しアメリカへの交換留学後に世界一周の旅へ出るが初日のペルーでバックパックを紛失しリュックサックひとつで20ヶ国を巡る。卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社、2013年に退職しTABIPPOを法人化。イベント事業では各種旅行系イベントの企画、実行、マーケティング事業では様々な企業のマーケティング支援を行なっている。

 

「就活が始まる前は面接って実際どうやって進んでいくんだろう?OB訪問って何聞けばいいんだろう?など些細な不安はありましたが、実際に自分の足で動いたり情報収集したら大した問題ではなかった気がします。 」

 

就活生の中で人脈を作る

しみなお-2
東京学芸大学在学中に欧州一周や世界一周の旅を経験。帰国後にTABIPPOを立ち上げ、それ以来代表を務める。卒業後は大手WEB広告代理店である株式会社オプトに入社、ソーシャルメディア関連事業の立ち上げに参画する。入社2年目からの最年少マネージャーの経験などを経て、2013年11月に退職。TABIPPOを法人化して創業を果たす。

 

「僕が通っていた大学は教育大学なのでほとんどの卒業生が教員を目指します。そういう特殊な大学なので、OB訪問などがあまりできなかったことが就活中の悩みでしたね。今思えば就活生の間で人脈を作ればよかったんだなと思いました。」

 

最終面接落ちを機に本気で自分と向き合った

兼若勇基講師
大阪大学大学院卒。2013年2月〜11月大学を休学し、初海外で世界一周を経験。TABIPPO2015大阪副代表として活動後、財務コンサル業界の某企業に就職。現在はクライアント企業の経理業務の支援を行っている

 

「初めに商社の最終面接までいって落ちたときが一番悩みんだ。でも結局は自分の中でも本当にやりたい仕事なのかあいまいだったので、逆にふっきれて、本気でどうなりたいのかを考えることができた。

そこから自己分析を繰り返し、経営・財務というキーワードに行き着いたので結果的に良かったなと思います。」

 

最後に

いかがだったでしょうか?ポジティブな人が多い旅人の皆さんでも就活中はさまざまな局面で悩むことがあるんですね。それでもそこで立ち止まらずに考え続け、自分のなかで納得した答えを出すことが何よりも大切なことのようです。

 

旅人向け就活サービスTABIPPO Careerもどうぞ!

就活line-700-01

この度、TABIPPOでは旅好きや旅経験のある就活生向けにLINE@「TABIPPO Career」を開設しました!登録するだけでTABIPPO限定の特別セミナーや、企業紹介情報をゲットできます。

旅好きな学生の就活をサポート!LINE@に登録して内定をゲットしよう

▼早速友達に追加したい方はこちら!▼

スクリーンショット-2015-11-24-13.34.41

関連記事リンク(外部サイト)

新入社員でも堂々と1年で7ヶ国を旅行するテクニック
世界の汚トイレに立ち向かう!「携帯ウォシュレット」でいつでも清潔なおしりに
世界中で友達を作る異文化コミュニケーションの極意
お金の使い過ぎが心配な方へ!トラブルを防止する便利なカードが登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。