体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周経験者が語る、就活中の不安や悩みを克服する方法

世界一周経験者が語る、就活中の不安や悩みを克服する方法

世界中を旅し、たくさんの貴重な体験をした旅人学生たち。そんな彼らでも初めての就職活動ではさまざまな悩みや葛藤があったはず。そこで今回は世界一周経験者も含めた8人の社会人に就活中の不安や悩みをどのように克服したのかを聞いてみました。

*現在TABIPPOでは、旅好きや旅経験のある就活生向けに、登録するだけでTABIPPO限定の特別セミナーや、企業紹介情報をゲットできるLINE@「TABIPPO Career」を運営しています。

参考)旅好きな学生の就活をサポート!LINE@に登録して内定をゲットしよう

▼早速友達に追加したい方はこちら!▼

スクリーンショット-2015-11-24-13.34.41

 

100%全ての条件がそろうことはない

プロフ画像11-e1430398837684
大阪大学出身。大学四年を休学し、フィリピン英語留学、グアテマラスペイン語留学、キャンピングカーでアメリカ横断などをしながら初海外で世界一周を果たす。新卒でITベンチャーに入社後、TABIPPOにジョイン。現在は前職での経験を活かし、企業や旅行関連機関のマーケティング支援を行っている。

 

「最初は、本当に自分に合った会社が見つかるのか?という不安はありました。ですが、100%全ての条件がそろうことなんてほとんどなくて、自分の中で優先度をつけて軸を大きく3つくらいに絞ってからは企業選びがぐんと楽になりました。

部屋探しの時にも、絶対譲れない条件、あればなお良い条件、最悪どっちでも良い条件とかで分けて考えますよね。全ての条件を満たす部屋なんてないのと同じで、絶対譲れない条件だけ決めてあとはフレキシブルに色んな会社を見ていました。」

 

心の底からいいと思える企業があるか

プロフ画像10-e1430398501346
1987年生まれ/新潟出身/慶応大卒業後、専門商社のミスミに入社。2013年8月に退職し世界一周へと出発。アメリカの砂漠での奇才フェス「バーニングマン」を旅のスタートに、900kmにも及ぶスペイン巡礼、ブラジルサルバドールで5週間太鼓の練習をして、カーニバルへ参加。アフリカ大陸では、大陸をバスを使って縦断するオーバーランドツアーに参加。現在はTABIPPOイベント事業「旅大学」の統括を担う。

 

「自分が心の底からいいと思える企業に出会えるのか。が一番の悩みでした。就活を終えての感想は、正直あまりないなという印象でした。」

 

身の回りの人にたくさん話を聞くこと

hayashi-sayuri_banner
1988年群馬県みなかみ町生まれ。立教大学法学部。大学3年夏に海外留学(アメリカオハイオ州)を経験。大学を卒業後、リクルートライフスタイルじゃらんへ新卒入社。株式会社trippieceマーケティング担当。現在は政府観光局や自治体、企業のマーケティング・PRを自社媒体を使い支援。国内海外含め実際に現地に出向くことも多く、学生のとき以上に旅をしながら仕事をしている。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。