体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【どれも3分以内】キャベツ一玉買ったら食べ尽くす! 簡単使い切りレシピ3選

f:id:naruse_e:20160930172138j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。

突然ですが、キャベツを一玉買ったら、全部使い切っていますか?

しなしなになるまで放置するのか、見切りをつけて捨てるのか、すっかり存在を忘れて腐らせてしまうのか。かくいう私も、キャベツ一玉を買って使い切れずに困ることがあるのだけれども……。

そこで冷蔵庫に眠る使いかけのキャベツをダメにする前に一掃するべく、キャベツのお手軽レシピをご紹介します。キャベツレシピのバリエーションを増やせば、おいしいうちに使い切ることも可能ですよ。

材料はこれだけ! これで3品作れます!

f:id:naruse_e:20160930172154j:plain

キャベツと調味料を除き、基本的な材料は卵、塩昆布、きくらげ、たったこれだけ! しかもこれ3つがあれば、3品も作れちゃいます。ちなみに、きくらげは他の野菜やキノコ類、お肉でも代用できます。

これは病みつき! 「千切りキャベツ温玉」

1つ目にご紹介するのは、キャベツの千切りを平皿に乗せ、真ん中に生卵を落とし、ラップしてチンするだけの蒸し料理。

f:id:naruse_e:20160930172215j:plain

このような感じ。キャベツはなるべく細長く切ったほうがおいしくなるので、スライサーを使うといいかもしれません。お皿に乗せたキャベツの真ん中にくぼみを作り、生卵を落としやすくしてください。

お好みでコショウをまぶし、ラップをかけます。この後レンジでチンするので、ラップに1〜2箇所穴を開けておいてください。破裂予防のため、黄身の部分にもおはしで穴を開けます。

f:id:naruse_e:20160930172316j:plain

600Wで1分30秒レンチンしたら完成!

味付けはうま味調味料と醤油がベストですが、ポン酢やドレッシングも合います。自分好みの味付けを見つけてみてください。

しんなりしたキャベツをとろとろの半熟卵と和えて食べれば、一気に幸福モードに。こんな安上がりなご馳走はありません。

塩昆布とゴマ油で完成! 「うま塩キャベツ」

2つ目は、ざっくり切ったキャベツと塩昆布を食品保存容器に入れて30秒振るだけのキャベツの漬物。

f:id:naruse_e:20160930172345j:plain

キャベツは大きめに切ると食べ応えが出ておいしいです。塩昆布はお好みの量を。酒ののつまみにするなら、塩昆布を多めにするのがオススメ。

f:id:naruse_e:20160930172356j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。