体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方

生活・趣味
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方

「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。

幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていないだけで、アナタの周りにもたくさん存在しているのです。問題はそれを見つけられるかどうか。

そのためヒントを起業家でありライターのPaul Hudson氏「Elite Daily」の記事で紹介しています。

01.
大切なのは他人の意見より
「自分の行動」

「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方

しあわせな人たちは「誰かに好かれたい」とか「嫌われたらどうしよう」とか、そんなことは考えません。他人からの関心に興味もなければ、誰かに認めてもらいたい、という欲求もないのが特徴的。

「自分の行動に責任が持てるのは自分だけ」と考える彼らは、誰かに生き方を決めてもらうようなことはしないのです。

02.
誰にも強制されない

彼らには「◯◯しなくてはいけない」といった考え方が存在しません。何かをしたりどこかへ行くのは、やらなくてはいけないことではなく、やりたいからしているだけ。

03.
友人とは、お互いに
自立した関係

「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方

彼らは、友人を必要以上に頼りません。人は皆、それぞれ違う生き物だということを知っているので、無理に気持ちを押し付けることなどしないのです。誰かに頼りすぎると、人間関係は崩壊します。友人とは、お互い自立した「大人同士の関係」を保っているもの。

04.
お金のためじゃない
「自分」のために働く

「来週から始まる仕事は、どんなプロジェクト?」そう訪ねたとき、彼らは自分が何をして、それがどう役立つのかをしっかりと答えることができます。

仕事は、生活のために必要なお金を稼ぐものではなく、楽しいからやるのです。条件や待遇ではなく、そこで何ができるか、どんなものを得られるかを重視しています。

05.
場所に固執しない
それは、国すらも…

彼らは住むところに固執しません。ひとつの場所にとどまって退屈な人生を送るのはもったいないことだと考えています。旅を通じて多くの人に出会い、自分の価値観をアップデートしています。街や国といった垣根を越えて、地球全体が自分の家であるように考えているのです。

06.
自分の哲学やルールは
自分で決めている

「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会