ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つまんでちぎってシェアして食べる、パーティーラバーのための「オニオンブレッド」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼く。シンプルながらとっても“見栄え”のするメニューです。

これがなければ始まらない!
ブルーミングオニオンブレッド

この料理、パンに切れ込みを入れて焼くことで、ぷっくり開いてくることから、アメリカでは“pull apart bread(ちぎって食べるパン)”という意味で呼ばれています。

指でつまんで一口ずつ、みんなで食べられるのも魅力。だからパーティーシーンで親しまれているメニューなのです。

カンパーニュなど
“丸パン”がポイント

(材料:3~4人分)

カンパーニュ:1個
ベーコン:2枚
ピザソース:大さじ2
シュレッドチーズ:100g
黒こしょう:適量
ドライパセリ:適量

 (作り方)

カンパーニュに切り込みを入れて、そこにピザソースを塗ります。ベーコンは1cm幅に。切り込みにベーコンとシュレッドチーズをはさみ、250℃に予熱したオーブンで10分焼き、黒こしょう、ドライパセリをふりかけてできあがり。

関連記事リンク(外部サイト)

冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】
海外フードブロガーから火がついた、ディップが楽しい「ちぎりパン」の進化系
「食べられるシャボン玉」で、泡パーティーなんて楽しそう♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP