ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera Maxに外部アプリからの追跡やWi-Fi傍受による情報漏えいを防止する「プライバシーモード」が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software は 10 月 7 日、データ通信量の節約アプリ「Opera Max」の Android 版にサードパーティアプリにおける個人情報の漏えいを防止する「プライバシーモード」を追加すると発表しました。Opera Max のメイン機能は、アプリが送受信するデータを圧縮してデータ使用量を少なくすることです。それに加えて、今回の「プライバシーモード」ではアプリに組み込まれたトラッキング機能によるアプリ利用の追跡を監視してリアルタイムにトラッキングを防止・警告します。この結果は新しく追加されるタイムラインのタブに表示されます。これによって、スマートフォンユーザーの個人情報やアプリの操作内が外部に漏れなくなるので、ターゲット広告の表示を抑制することもできます。「プライバシーモード」にはほかにも、オープンな Wi-Fi スポットの最大のりクスとも言える通信傍受による情報漏えいを防止する機能も追加。このような Wi-Fi スポットに接続している間には Opera Max が VPN を張って通信内容を暗号化します。Source : Opera Blog

■関連記事
Facebook、イベント機能に特化した新アプリ「Events from Facebook」を発表
Android版「Prisma」がオフライン利用に対応
Google Pixel / Pixel XLでAndroidの「設定メニュー」がタブ化される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP