ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就職の面接で「世界一周」の話はするべきか否かを旅人8人に聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中を旅し、たくさんの貴重な体験をした旅人は就職活動における面接でどんなことをアピールしているのでしょうか。今回は世界一周経験者を含む旅人の皆さんに、就活中に面接などで旅のことをどう話したかを聞いてみました!

*現在TABIPPOでは、旅好きや旅経験のある就活生向けに、登録するだけでTABIPPO限定の特別セミナーや、企業紹介情報をゲットできるLINE@「TABIPPO Career」を運営しています。

参考)旅好きな学生の就活をサポート!LINE@に登録して内定をゲットしよう

▼早速友達に追加したい方はこちら!▼

 

自分の経歴や人生を説明する上で簡単に触れる程度


大阪大学出身。大学四年を休学し、フィリピン英語留学、グアテマラスペイン語留学、キャンピングカーでアメリカ横断などをしながら初海外で世界一周を果たす。新卒でITベンチャーに入社後、TABIPPOにジョイン。現在は前職での経験を活かし、企業や旅行関連機関のマーケティング支援を行っている。

 

「旅の話を必殺トークにしていたわけではないですが、自分の経歴や人生を説明する上で簡単に触れる程度にはしました。興味をもってくれた人は色々質問をしてくれるので正直に応えていました。内容としては、

・なんで世界一周しようと思ったのか
・一番よかった国
・何か得たものや変わったものはあるか

ですね。」

 

何を感じ、その後どういう行動に繋げたのか


1988年群馬県みなかみ町生まれ。立教大学法学部。大学3年夏に海外留学(アメリカオハイオ州)を経験。大学を卒業後、リクルートライフスタイルじゃらんへ新卒入社。株式会社trippieceマーケティング担当。現在は政府観光局や自治体、企業のマーケティング・PRを自社媒体を使い支援。国内海外含め実際に現地に出向くことも多く、学生のとき以上に旅をしながら仕事をしている。

 

「私の場合は留学の話なのですが、必ずしていました。

留学を通して、周りの目を気にせず自分がやりたいと思ったことに一歩踏み出す大切さを実感し、帰国後様々なことにチャレンジしました。例えば、日本に来ている学内外国人留学生のための支援サークルを立ち上げや、語学学校にいる留学生に向けた学生団体の立ち上げなどです。

留学を通して何を感じ、その後どういう行動に繋げたのか、とう話を上記の具体例を用いて話していました。今の私があるのは留学の経験が大きいことを理解してもらえ、反応は良かったと思います。」

 

大きくも小さくもないリアクションでした


1988年生まれ/埼玉出身/立教大学在学時に1年間休学しアメリカへの交換留学後に世界一周の旅へ出るが初日のペルーでバックパックを紛失しリュックサックひとつで20ヶ国を巡る。卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社、2013年に退職しTABIPPOを法人化。イベント事業では各種旅行系イベントの企画、実行、マーケティング事業では様々な企業のマーケティング支援を行なっている。

 

「世界一周の話は、どの企業も大きくも小さくもないリアクションでした。面接官の方からは旅中のどんなところが印象的だったかを主に聞かれましたね。」

 

計画性の高さを評価されました


1987年生まれ/元株式会社オプト勤務/TABIPPO創業メンバー。慶応大学在籍中にNYへ交換留学。「慶応生ルイスの留学×流学」はブログランキング上位の人気ブログに。約10ヶ月の留学中にボストンキャリアフォーラムにて就活も終わらせ、その後世界一周の旅へ出発。帰国後に世界一周団体TABIPPOを立ち上げる。

 

「就職活動は世界一周の前でしたので、旅の準備をどのように計画したのかについて主に話しました。ニューヨーク留学と世界一周準備を同時並行していた部分を評価してもらいました。」
参考:世界一周直前に新卒採用を受けたら、◯◯力を評価された話

 

どんな想いで旅をしていたか


1992年生まれ。大学2年次に内閣府主催の『世界青年の船』に参加したこと、インターンを通して出会った尊敬する多くの社会人から受けた影響をきっかけに世界一周を決意。休学をしなかったため、帰国後すぐに就職活動を開始し、クックパッド株式会社に入社。

 

「旅にどんな思いで行き、なにを得たかは話しました。わたしの場合、女の子なのに平気だったか、親は何て言っていたのか、資金繰りをどうしたか、などを主に聞かれましたね。」

 

 何を感じ、何を学んだのか


東京学芸大学在学中に欧州一周や世界一周の旅を経験。帰国後にTABIPPOを立ち上げ、それ以来代表を務める。卒業後は大手WEB広告代理店である株式会社オプトに入社、ソーシャルメディア関連事業の立ち上げに参画する。入社2年目からの最年少マネージャーの経験などを経て、2013年11月に退職。TABIPPOを法人化して創業を果たす。

 

「世界一周をした。という事実には採用担当の方などは興味がなく、なんで旅をしたのか、そこでどう思ったのか、なにを学んだのかということを詳しく聞かれたのでその点でアピールをしました。」

 

旅を決心するまでの考え方や帰国後の活動


大阪大学大学院卒。2013年2月〜11月大学を休学し、初海外で世界一周を経験。TABIPPO2015大阪副代表として活動後、財務コンサル業界の某企業に就職。現在はクライアント企業の経理業務の支援を行っており、将来は

 

「直接旅の話はしていないが、旅を決心するまでの考え方や旅後の活動については話した。旅関連の話を通じて主体性が伝わり、そこが評価されたのだと感じている。」

 

最後に

いかがだったでしょうか?

どうやら「旅をした」「世界一周をした」という事実よりも旅で得たものや、どんな目的をもって旅をしていたかを評価されているみたいですね。みなさんもこの機会に1度自分の旅について、どんな思いがあったのか、どんなことを学んだのか整理してみてはいかがでしょうか?

 

旅人向け就活サービスTABIPPO Careerもどうぞ!

この度、TABIPPOでは旅好きや旅経験のある就活生向けにLINE@「TABIPPO Career」を開設しました!登録するだけでTABIPPO限定の特別セミナーや、企業紹介情報をゲットできます。

旅好きな学生の就活をサポート!LINE@に登録して内定をゲットしよう

▼早速友達に追加したい方はこちら!▼


関連記事リンク(外部サイト)

バスの車内泊を安心・快適にする5つのポイント
海外で求人を探す4つの方法、お金が尽きたら「短期バイト」しよう
世界一周経験者6人による「海外旅行中の健康管理」まとめ
海外旅行中にあったトラブル(監禁、誤認逮捕、盗難、詐欺)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP