ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファッション誌も推薦!今年っぽく“盛れる”ハロウィーンメイクは…

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本ではすっかり“コスプレイベント化”した、ハロウィーンの季節がやってきました!

ギャル悪魔や、魔女ガールもカワイイけど、もっとも今年っぽく“盛れる”と、今注目なのが「バブル風」メイク。

「なぜバブル?!」と思うかもしれませんが、お笑いタレント平野ノラさんのヒットなどもあり、若い女子を中心に「バブル=パリピってる人」という認識が広がっているのだそう。

もうすぐ季節がやってくる「ハロウィーンメイク」や、「クリスマス」など、イベントに合わせて盛り上がれるハッピーなメイク術が、『365日パリピBOOK―その遊び方、古くない?』(主婦の友社刊)で特集されています。

ハロウィーンで使いたい!バブル風メイクポイント

バブルを生きた女性の象徴は「力強さ」。最近のゆるふわで可愛らしい印象とは少し違って、ハッキリ、クッキリしたメイクになっています。

ポイントは、マットな質感のベースメイクや、ボサボサの眉、斜めに入れたチーク や、輪郭くっきりの濃い唇も特徴的ですよね。

クリスマス、誕生日など「パーティーメイク」のコツ

恋人と過ごすクリスマスなら、自然なほてり顔。

自分が主役になれる誕生日では、ちょっぴり派手に「バービー化」。

卒業パーティーなど、思いっきり華やかに演出するメイクのコツなど、様々なイベントシーンに合わせたメイクを提案しています。

◇ ◇ ◇

本誌では、順を追って分かりやすいプロセスカットととも解説しているので、イベントメイクの経験がない人でも大丈夫!

これから年末に向かってイベントは盛りだくさん!思いっきり楽しめるメイクアップの参考にしてみてくださいね。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

肌を細胞レベルからきれいに! 肌ツヤに大きな影響をおよぼすIII型コラーゲンとは

これまでの「日本タイトルだけ大賞」受賞作品まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP