ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん闘病しながらの生活が好奇の目にさらされるのはなぜか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《ブログという手段で 陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました》

 乳がんの闘病について気持ちを明らかにした小林麻央(34才)。ブログで、最初に感じた違和感から今の病状や気持ちまで、すべてを公表した。しかしその一方で、がんであることを隠して生きる人は多い。

 自分ががんだと知られたくない人がなぜ多いのか。

 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之さんは、社会の問題点を指摘する。

「日本はオープンに“私はがんです”と言える社会にない。今は2人に1人ががんにかかる時代で、年間85万人がかかっているにもかかわらず、です。

 治療技術も進歩して、がんを完全に治すことは難しくても、治療を続けながらがんと一緒に生きることができる時代になったのに、がんのイメージは30年前の『不治の病』のままなんです」

 ここ20~30年で医学は飛躍的に進歩し、がんの治療を続けながら“共存”し、日常生活を送ることができる時代になった。しかし、「死の病」で、「苦しくてつらい」治療を受けるといったイメージは、拭い切れていない。そういった考えは、職場にも蔓延し、患者の生活に影響を与える。

 実際、厚労省の研究班が行った調査結果では、がんにかかった勤務者の約3割が依願退職に追いこまれたり、解雇されたケースもあることが報告されている。

「最近は副作用の少ない抗がん剤や、吐き気止めなど副作用そのものを抑える薬もあります。治療をしながら仕事を続けることは充分可能ですし、実際、海外出張もこなし、外資系などハードな職場でバリバリ働いているかたもいらっしゃいます。ですが、職場に伝えても理解されないことも多く、まだ、会社に話せるような社会状況ではありません」(勝俣さん)

 国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター長・野澤桂子さんに寄せられる相談で多いのは、職場やご近所に「どうしたら、見た目からバレないか」という内容だ。

「上司に話すが同僚には隠すとか、上司にも話さず、治療のための通院を“親の介護”などと伝えてやりすごしたというのも、よく聞く話です」(野澤さん)

 それは、がんと知られると、仕事にマイナスに働く恐れがあるからだ。

「もちろん、職場に温かく受け入れてもらった患者さんもたくさんいらっしゃいます。一方でがんだとわかると、好奇と偏見の目にさらされ、退職せざるを得ないケースもあります」(野澤さん)

 5年前、乳がんの治療を理由に10年以上勤めた保育所を退職した佐藤美香さん(仮名、53才)は当時を振り返って深いため息をつく。

「最初は、病気のことを隠して働いていたんです。でも、抗がん剤の副作用で脱毛して、髪の毛が変わったことでバレてしまって…。そこからいろいろ、病気のことを聞かれるようになりました。

 今から考えればそんなの答えなくたっていいようなことだったんだけれど、その時は『隠していた自分が悪い』と罪悪感もあって、聞かれるがままに話してしまったんです。そうしたら、瞬く間に話が広まって噂がたつようになったんです。それでとうとう親から苦情が来るようになって…。『がんの人は、感情が不安定だから子供を安心して預けられない』って。悔しかったですね…。これまで心を尽くして子供と接してきたことが全然伝わっていなかったんだって。

 でもどこかで『病気になって、しかもそれを隠して仕事を続けようとしていた自分が悪いんだ』という気持ちもあって、とても仕事を続けられるような心理状態ではなくなって、追われるようにして退職届を出しました」

※女性セブン2016年10月20日号

【関連記事】
樹木希林「がんについては話さない」という示唆に富んだ理由
「日本人の半数はがんに」も60才未満の罹患率は高くない
肺がん「夢の特効薬」 効果が出るのは患者全体の2割程度

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP