ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧倒的な美しさ!この秋はハウステンボスで芸術に触れよう!【長崎】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この秋、ハウステンボスでは世界の名だたるアーティストによる芸術作品が、一堂に展示される世界大会を開催!

この規模とクオリティは、日本はもちろん、世界でも貴重なイベントとなります。

巨匠たちが造る美しき芸術の数々は圧倒的な美しさ。

観賞だけではなく、花苗・雑貨の販売、フラワーバトルの競演やデモンストレーションなどもあり、芸術を見て・買って楽しめます。

ハウステンボスで美しい「庭」と「花」を眺めて、芸術の秋を楽しみましょう!

あの巨匠たちが造る美しき芸術。

圧倒的美しさの「庭」と「花」

ラナ・ベイツ氏

ベルギーの花イベント「Fleuramour」に出品された作品「Moment」

ラナ・ベイツ氏

ベルギーの教会装飾で大きな反響を呼んだラナ氏が、今回、パレス ハウステンボス内のチャペルを装飾。

ピート・ウードルフ氏

ピート・ウードルフ氏

21世紀を代表するランドスケープデザイナー、ピート氏がハウステンボスのために植栽デザインを特別に描き下ろし。

名だたるアーティストたちの芸術作品を間近に眺め、触れられる「世界フラワーガーデンショー」。特にニューヨーク「ザ・ハイライン」で有名な、植栽デザイナー、ピート・ウードルフ氏の作品を展示するのは、アジアで初!さらに作品はハウステンボスのオリジナルデザインという贅沢さ。ガーデニング界でもっとも権威ある「英国チェルシーフラワーショー」のゴールドメダリストであるフラワーアーティストのラナ・ベイツ氏や連年受賞のガーデンデザイナー・アダム・フロスト氏の作品も一堂に!思わず作品に引き込まれてしまうほどの美しさを体感して。

世界フラワーガーデンショー2016

世界的アーティストたちが手がける作品は、まさに“活きたアート”。世界最高峰の芸術、最先端のデザインに触れる贅沢な1カ月を見逃さないで。

庭の世界大会


開催期間/10月1日(土)~11月3日(木・祝)

世界16カ国26作品

世界屈指のトップガーデンデザイナーが、芸術性と技術、発想を競う「ショーガーデン」は、圧倒的なスケールと美しさ

花の世界大会


開催期間/10月15日(土)~11月3日(木・祝)

世界15カ国17作品

国際コンテストで受賞歴多数のアーティストが、花の特性を活かし作り上げた「空間デザイン」や「空間装飾」などを展示

芸術を見て、買って楽しめる!

10月15・16日だけの限定イベント。

同じ素材を使用し、即興で作品を作る「フラワーバトル」

生花でウェディングドレスが華やかに彩られる

花の世界大会の空間装飾・空間デザイン出場者が世界各国から来場し、フラワーバトルで競演するほか、目の前でブーケやフラワーアートの制作過程が見られるデモンストレーションも開催。

花苗や雑貨の販売、カフェも。

ショップやカフェが並ぶ

珍しい生花や苗なども販売

ガーデニンググッズや珍しい花苗を販売するショップのほか、休憩できるカフェもあり。11月3日は庭作品で使われている植物を販売する「植栽セール」も!

他にもあります。秋の注目イベント

街中をカラフルに彩るイルミネーション。


秋の光の王国

開催期間/~10月28日(金)

もはや代名詞ともなったハウステンボスのイルミネーション。この秋も華やかにお目見え。言葉を失うほどの絶景が、街のあちこちで見られる圧倒的スケール!

50種類のワインをテイスティング。


ワイン祭

開催期間/~11月6日(日)

■会場/アムステルダム広場、アトラクションタウン 噴水広場、ワインの城

■料金/【アムステルダム広場 テイスティング】2600円:終日、2100円:3時間など

ソムリエ厳選の世界各国のワイン約50種類、さらには世界のチーズ約100種類がずら~り。アムステルダム広場なら、あわせて世界の一流ミュージシャンによる生演奏も楽しめる…優雅で美味しいイベント

世界フラワーガーデンショー 入場料金

■スペシャルデイ(10月1日・2日・15日・16日)/18歳以上5000円、中・高生4800円、4歳~小学生3500円

■通常日/18歳以上4700円、中・高生3700円、4歳~小学生2400円

※チケットに含まれるもの/ハウステンボス入場、パークバス利用、カナルクルーザー利用、ミューズホール入館、パレス ハウステンボス入場(世界フラワーガーデンショーメイン会場) ハウステンボス

TEL/0570-064-110(総合案内ナビダイヤル)

住所/長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

営業時間/9時~22時(最終入場21時)※日によって変動あり

定休日/なし

「ハウステンボス」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【カフェ決定版・千葉編】 行っておきたいおすすめカフェはココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP