ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巷で話題!肉×肉で具材をはさむワイルドなハンバーガーを食べてみた!【東京】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近巷で話題を呼んでいるハンバーガーがあるのをご存知ですか?

なんと2枚のパテで具材をはさんだワイルドなハンバーガーその名も「ワイルドアウト」!

多い時は一日100食以上も出るという話題のハンバーガーを食べに行ってきました。

店の前には行列がずらり。昼時をずらしての来店がおすすめ

ランチのオープンは11時。少し前にお店に行くと、平日にも関わらず、すでに店の前には長蛇の列。

夜は比較的混んではいないということなので、夜の開店時間の17時に再度来店することに。

昼は行列がすごいので、夜のオープン前に行くと並ばずに入店できました

ドアノブもハンバーガー。可愛いというかやっぱりワイルド…

店内は天井が高く、広々とした印象。テーブル席がいくつかとカウンター席があり、大小のグループで行ってもフレキシブルに対応してもらえそうな雰囲気です。

グリーンとオレンジを基調としたインテリア

ランチとディナーではメニューが異なり、夜の方が多種類から選べるとのこと。メニュー表を開くと、A・A・A(アボカド・アメリカンチーズ・オーロラソース)やB・B・B(ベーコン・ブルーチーズ・ブラックペッパー)など独特な名前のハンバーガーがずらり。店長の木村さんにネーミングの理由を伺うと、どこにでもある名前ではなく、オリジナリティと遊び心のある名前にしたかったからだとか。

ちなみに、お目当ての“ワイルドアウト”とは、意表をつく、羽目をはずすという意味。

「240g beef patty」の文字に若干ひるみながらも、ここはやっぱりワイルドアウトを注文。

念のため、女子でもいけますか?と店員さんに尋ねてみると、「皆さんガッツリいかれますよ」とのことなので、安心。

見た目はワイルド!さてお味のほうは??

待つこと約10分。お皿に盛られたワイルドアウトがやってきました。う~ん、なんてワイルド!

想像以上のボリューム!(1450円/トッピング:アボカド200円、クリームチーズ150円・税込)

2枚の肉に挟まれた具材は、トマト、タマネギ、チェダーチーズ+追加トッピングしたアボカドとクリームチーズ。高さはどうみても10cm以上あります。こぼさないように袋状のペーパーごとつかんで、がぶりと一口。ハンバーガーと言うより肉塊に挑む感覚です。

真横からみるとこんな感じ。おそらく12cmくらいの高さ

ソースは肉に合わせて少しさっぱり目のオニオンバーベキューソースを使っているそう。それがビーフ100%にマッチしてなんとも美味!肉とのバランスを考えた厚切りのトマトやオニオンが肉×肉の勢いを和らげ、意外にもさっぱりヘルシーです!

断面図。ミディアムレアの肉はステーキの食感が残ります。綺麗に食べようとか思っちゃダメ!

肉×肉バーガー発祥と言われる店。楽しもう!がモットー

シェイクツリーは肉で具材をはさんだハンバーガーの発祥と言われているお店。オープンは2011年、2~3年たった頃、何か面白い商品を作ろうと思いたったのがワイルドアウト誕生のきっかけです。これを看板商品にしようというのではなく、ただ肉が好きすぎたのでバンズも肉にしたかった、とのこと。

店長の木村さん(左)。肉×肉バーガーの考案者

もともとシェイクツリーのハンバーガーはステーキ感覚の食べ応えが特長。ステーキの食感を残すために肩ロースのステーキ肉を粗く刻み、ミンチした牛モモ肉と合わせてパテを作っているそうです。

「ハンバーグとステーキのいいとこどりを目指しました」と木村さん。とはいえ中途半端な味にならないよう、工夫を重ねて今の比率や焼き具合にたどりつきました。

夜はバーとして常連さんで賑わう店。お客さんを楽しませるために

店名のシェイクツリーには“人を喜ばせる”という意味が込められているそう。まもなく5周年を迎えるシェイクツリーはファミリーやカップル、ビジネスマンまで幅広い層のお客さんが昼夜問わず訪れます。

お誕生会や送別会などのイベントに利用されることも多いそう。店のあちこちに楽しませる工夫が隠されていました。

スタッフの酒井さんはフレアバーテンディングの達人。誕生会など要望があればショータイムもOK!

人気のカクテル「シェイクツリー」。ライムの皮をくるくるっと剥いてお店のアイコンと合わせています(800円・税込)

こんな分厚いオニオンリング、見たことない!

よく見るとペンダントライトもシェイクツリーのアイコン

まとめ

思わず長居してしまうお店の魅力はワイルドアウトのインパクトだけではないようです。

お客様を喜ばせよう、それを楽しもうというマインドが店中に溢れ、それが居心地の良さを作り出しているのです。いつかは本場アメリカで勝負したいという店長の木村さんはじめ、スタッフの皆さんの雰囲気がとてもいいので、軽く一杯という人にもおススメ。ハンバーガーのテイクアウトもOKなので、お土産にもぜひ! シェイクツリー(shake tree)

TEL/03-6658-8771

住所/〒130-0014東京都墨田区亀沢3-13-6 岩崎ビル1F

営業時間/

【火〜金】ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)

【土】11:00~21:00(L.O.20:30)

【日・祝】11:00~17:00(L.O.16:30)

定休日/月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日定休)

アクセス/JR錦糸町駅北口出口より徒歩9分、都営大江戸線両国駅出口より徒歩8分

「シェイクツリー」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

【カフェ決定版・沖縄編】 行っておきたいおすすめカフェはココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP