体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JR博多駅にある「角打ち」は会話を楽しむ大人の社交場【福岡・博多】

f:id:mesitsu_lb:20160830104031j:plain

「角打ち」って何? という方へ

こんにちは。三度の飯も大好きですが、それ以上に美味しいお酒に目が無いメシ通レポーターの桂です。

そして今回のテーマは大好きなお酒が思いっきり堪能できる博多の「角打ち」を取り上げたいと思います。

プライベートでもよく「角打ち」に行くのですが、こんなところに「角打ち」があったのか! と思わせるお店が今回お邪魔する「住吉酒販」です。

ところで、「角打ち」って言葉、全国的には通じない単語なんですね。ここ福岡ではビジネスマンの日常会話に頻繁に登場しますし、東京でも通用した記憶があるのですが、どうやら全国区ではないようです。

「角打ち」を簡単に説明すると、「酒屋さんの店内にあり簡単なおつまみも食べることができる立ち飲みスペース」です。

そう、人々のオアシスであり、美味しいお酒をいただきながら見知らぬお客さん同士、会話を楽しむという日本の酒文化に無くてはならないスペースなのです(断言)!

この立地環境は博多ならでは!

さて、「住吉酒販」ですが、場所がまたすばらしいところにあります。

出張族や博多駅を利用する通勤客にとってこの上なく利便性の高い、駅の土産物コーナーの中です。

JRと地下鉄あわせて1日の乗降客数20万人近くを誇る九州の玄関口博多駅の中ですよ、おとーさん!(誰?)

f:id:mesitsu_lb:20160905081301j:plain

博多駅筑紫口(新幹線口)の改札を出てすぐのところにある、JR博多駅のみやげもん市場。ここの入り口から少し奥に進んでいき、福岡銘菓が並ぶ土産物店を横に見ながらさらに奥へ進むと、

f:id:mesitsu_lb:20160905081400j:plain

左手に一升瓶がずらりと並んだ酒屋さんがあります。この奥が「角打ち」となっており、店頭に並んでいるお酒をその場で飲むことができる、まさに都会のオアシス的なスペースなんですね。

さっそく店内へ。目につくのは所狭しと並べられた九州の地酒や焼酎

もちろん、酒屋さんですから棚にはお酒がずらり。

ほぼすべてが九州の地酒や焼酎なのですが、九州人の私ですらこんなに九州のお酒があったとは知りませんでした。酒好きとして深く反省いたします。

f:id:mesitsu_lb:20160830104252j:plain

店長の松窪さんに聞いてみたところ、

九州と言うと一般的には焼酎のイメージが強いのですが、実は日本酒も豊富です。日本酒の名産地と言われている新潟や東北方面に引けを取らない美味しい日本酒がたくさんあるんですよ。

とのこと。

f:id:mesitsu_lb:20160830104316j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。