ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過去最多の34のアクティビティを実施!「SWEDEN KIDS WEEK 2016」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会場はスウェーデンの大自然をイメージ

2016年10月15日(土)・16日(日)の2日間、東京・六本木のスウェーデン大使館にて、「SWEDEN KIDS WEEK 2016」が開催されます。

今年で5周年目を迎えるスウェーデンを体験できる子ども向けイベント。過去のイベントでは、育児の先進国スウェーデンのワークライフバランスや育児についての数々の制度、ライフスタイルの事例を日本に紹介してきました。

今回は子どもと自然をテーマに、スウェーデンの大自然をイメージした会場にスウェーデンの7社が出展。出展各社の最新商品コレクションを親子で体験し楽しむことができます。

また、5周年を記念して、東京メトロ南北線六本木一丁目駅改札口前広場に「スウェーデンキッズウィーク5周年記念ストア」 がオープン。そのほかSNSフォトコンテストなど過去最多となる34の様々なアクティビティが展開されます。

会場内では本格スウェーデン料理や飲み物が販売され、スウェーデンに日帰り旅行したかのような雰囲気を味わうことができる展示会です。参加には事前にウェブサイトでの申し込みが必要となりますので、登録の上ご参加ください。

東京メトロ南北線六本木一丁目駅改札口前広場に会期中限定でオープンするスウェーデンキッズウィークストア。

スウェーデンキッズウィークストアでは、1846年創業のスウェーデンでも最も知られたファブリックメーカーの1つ「アルメダールス」社など3社が出店します。

「アルメダールス」は、親子で一緒に参加できるワークショップ「北欧生地をつかったファブリックパネル作り」を開催。

「ブリオ ジャパン」のコーナーでは、スウェーデン王室御用達ブランド「BRIO」の木製レールウェイをはじめ、木製おもちゃを体験できます。

SWEDEN KIDS WEEK 2016

会期:2016年10月15日(土)・16日(日) 10:00~17:00

会場:スウェーデン大使館/東京都港区六本木1-10-3

出展ブランド:アルメダールス、ブルーエア、ブリオ、リトルファント、モーラナイフ、オスカー&エレン、ボルボ・カー・ジャパン

参加登録:http://www.swedenkidsweek.com/register

詳細:http://www.swedenkidsweek.com/

アクティビティ・イベント:

BRIOのプレイテーブルで遊ぼう ブリオ ジャパン

スウェーデン王室御用達ブランド・BRIOの木製レールウェイをはじめ木製おもちゃが体験できるコーナーが出現。

日時:2016年10月15日(土)・16日(日) 10:00~17:00

会場:展示ホール

ボルボの車にお絵かきしちゃおう ボルボ・カー・ジャパン

ボルボの車にペンで自由にお絵かきをしたり、色を塗って世界にひとつだけの車をみんなでつくります。

日時:2016年10月15日(土)・16日(日) 10:00~17:00

会場:スウェーデン大使館正門広場

対象年齢:0~10才

火おこし体験 モーラナイフ

モーラナイフと落ち葉や枝を使用して実際に火おこしを体験または見学。

日時:2016年10月15日(土)・16日(日) 10:00~17:00

会場:スウェーデン大使館正門広場

対象年齢:5才以上

スウェーデンキッズウィーク5周年記念SNSフォトコンテスト

スウェーデンキッズウィーク2016の該当ブランドを撮影し、Twitter・Instagramにハッシュタグ「#Swedenkidsweek」をつけて投稿。入賞すると、スウェーデン行き1家族分(大人2人子供1人)の往復航空券など豪華賞品をプレゼント。

応募期間:2016年9月20日(木)~10月16日(日) 12:00まで

発表:2016年10月16日(日) 16:00 大使館1階オーディトリウム

北欧生地をつかったファブリックパネル作り アルメダールス

35x35cmサイズパネルにスウェーデンの老舗テキスタイルブランド・アルメダールスの生地を使用しパネルに貼り付けファブリックパネルを作ります。親子で一緒に参加可。

日時:2016年10月15日(土)・16日(日) 12:00~12:40

会場:スウェーデン大使館内テラス

定員:各10名

参加費:4320円(材料費込み、生地の変更の可能性あり)

申し込み方法:当日来場前に六本木一丁目駅改札口正面のキッズウィークストアにて

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

糸の祭典「Do! イトフェス」開催! マーケットやワークショップで糸クラフトを満喫
ついに「東海蚤の市」開催!人気の北欧市、豆皿市も登場
コルビュジエ&ジャンヌレ作品展が広島へ巡回!約2倍60点の家具が登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP