ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、日本の書店で「ニューヨーク」と「フランス」の戦いが起きているという話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

書店に行く機会があるならぜひ見てみてほしいのだが、今書店の「女性向けライフスタイル本」の棚ではある勢力争いが起きている。

どういうことか説明するために、先日、筆者が見た光景を紹介しよう。

■書店で展開されるニューヨーク対フランスの戦い

都内にある某大型書店のライフスタイル本の棚の左半分には、ベストセラーとなった『フランス人は10着しか服を持たない』(大和書房刊)をはじめ、

『フランス人の40歳からの生きる姿勢』(大和書房刊)

『フランス人は年をとるほど美しい』(大和書房刊)

『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則 Forever Chic』(幻冬舎刊)

といった、「フランス人のライフスタイルを学ぶ」系の本が並んでいた。

それに対して右半分には、

『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』(大和書房刊)

『ニューヨークで学んだ「私を動かす」47の言葉』(宝島社刊)

『ニューヨーク流 本物の美の磨き方』(KADOKAWA/中経出版刊)

『ニューヨーク式センスを磨く1日5分の習慣』(サンマーク出版刊)

と、「ニューヨーカーから学ぶ」系の本がぎっしり。

そう、その書店のライフスタイルの棚では「フランス人」と「ニューヨーカー」が二分しており、競い合っているように見えたのである。

■「自分らしさ」のニューヨーカーと「シック」なフランス人

フランスは「国」、ニューヨークは「都市」という違いはあるが、文化の発信地としてあまりにも有名な2つの場所。ニューヨーク在住、フランス在住というだけで、洗練されたハイソな人というイメージが浮かぶ。

では、本のネタになるほど多くの女性の「憧れ」(本当か?)であるフランス人とニューヨーカーのライフスタイルはどう違うのだろうか。

両陣営の本を読み比べた大まかな印象ではあるが、

「環境に振り回されない主体的な生き方を提案するニューヨーク」「毎日の暮らしを丁寧に自然体で生きる生き方を提案するフランス」

といったところが浮かんできた。

「パワフルなニューヨーカー」「シックなフランス人」という言い方もできるかもしれない。

■あなたはニューヨーク派? それともフランス派?

ここで、おせっかいながら、ニューヨークもフランスも読んだ身として、両陣営に向いたタイプを示してみよう。

ニューヨーカーのライフスタイルの特徴はとにかくアクティブな点。代表的な著作『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』などは落ち込んでいる人は元気になるだろうし、とにかく前向きになりたい時は助けになるだろう。

対してフランス陣営は『フランス人は10着しか服を持たない』に代表されるように、余計なものを持たない、シンプルさが売り。

前向きではあるが「ムリヤリポジティブ」ではなく、あくまで自然体。それが「シック」なのだ。酸いも甘いも噛み分けた大人の女性が行き着く「悟りの境地」といった趣すらある。周りの人間関係に疲れた時、フランス人の生活は生き方を変えるヒントとなるだろう。

ちなみに、筆者は服を2着しか服を持っていない。実にシックである。

(新刊JP編集部・山田洋介)

【関連記事】

元記事はこちら

「本を飾る」という、部屋をオシャレで知的に見せる方法

ネコ好きから圧倒的人気の動物写真家、岩合光昭のネコ写真集が最高すぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP