ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青い食器が効果的!? 「視覚」で脳をだますダイエット方法7選

  • ガジェット通信を≫

ダイエットしたいけれど、運動や食事制限はなかなか続かない……そんな方も多いのではないでしょうか? 「こうすれば痩せる」と頭ではわかっていても、実行するには誘惑に負けない強い意志が必要ですよね。そこで今回は、意志が弱い方でもできる「視覚を使ったダイエット方法」を7選、ご紹介します。

【視覚を使ったダイエット方法1】お菓子を見えるところに置かない

心理学者の実験によると、キャンディが机の上に出ている場合と引き出しの中にしまってある場合を比べたところ、机の上に出ていたほうが3倍の量を食べてしまったそうです。

人間は視界に入ったものが気になってしまうので、お菓子は見えるところに置かないようにしましょう。

【視覚を使ったダイエット方法2】小さなお皿を使う

コーネル大学の教授(栄養学、消費行動心理学)によると、食べ物の器の大きさは、私たちに無意識の「消費ノルマ」を提示しています。そして、現代人は空腹だから食べたくなるのではなく、周囲から何らかの合図が出るから食べたくなるのだとか。

また、ある実験によると、直径30cmの皿に載っていた料理を25cmの皿に替えるだけで、食べる量が22%減ったそうです。これは、小さな器に盛ると、量が多いように脳を錯覚させることができるからです。

最近では、ダイエットや食事制限中の方のための小さな食器セットなども販売されています。

【視覚を使ったダイエット方法3】ジュースやアルコールは細長いグラスで

ジュースやアルコールは糖分が高いので、ダイエット中はなるべく避けたいものです。

どうしても飲みたくなったら、背が高く薄手のグラスに注ぎましょう。シャンパングラスのような形状がベストです。

ある実験では、同じ容量のグラスでも、背の低いずんぐりとした厚手のグラスにジュースを注ぐと、37%も多く入れてしまったそうです。これもお皿と同じく、背の高いグラスのほうがたくさん入っているように見えることを利用したテクニックです。

【視覚を使ったダイエット方法4】青い食器を使う

寒さなどを想像させる「寒色系」と呼ばれる色には、食欲を減退させる効果があります。青や紫がこれに当たりますが、特に効果が高いのは「濃い青」だそうです。

そのため、料理を盛るお皿を青色にすることで、食べる量を減らすことができるのです。

色と食欲の関係性については、こちらの記事にも詳しくご紹介しています。

【視覚を使ったダイエット方法5】食事のときに青いサングラスをかける

こちらはさらに思い切って、視界そのものを青色にしてしまうという方法です。見た目はちょっとおかしいかもしれませんが、食べ物の色が青っぽく見えるので、食欲減退の効果は大きいです。

料理に合わせて青い食器をそろえたり、食べ物そのものを青く染色したりするのは手間ですが、この方法ならサングラス1つあればOKです。外見が気にならない、家での食事のときにおすすめです。

【視覚を使ったダイエット方法6】食欲に負けそうな場所に鏡を置く

人間は鏡を見たとき、理想の自分と映っている自分を無意識に比べているのだそうです。

そこで、食事をする場所や職場のデスクなど、食べたい誘惑に負けそうな場所に鏡を置いてみましょう。だらしない自分が視界に入ると、自然と自分を律することができます。

また、1人でものを食べるとき、目の前に鏡を置くのもいいでしょう。食べている自分を意識して食べすぎを抑えることができますし、鏡越しにも食べ物が見えるので、満足感がアップする効果があります。

【視覚を使ったダイエット方法7】「理想の自分」の写真を目立つところに貼る

「痩せた理想の自分」の写真を、見えるところに置く方法です。自分の全身写真を加工したり、有名人の顔の部分に自分の顔写真を貼ったりして「理想の自分」を作成するといいでしょう。ポイントは、「これは自分だ」と思い込むことです。

人間は視覚に左右されやすい生き物なので、パッと見てわかるビジュアルで「ダイエットの目標」を示しておくのが効果的なのです。

視覚を使ったダイエット方法の数々、いかがでしたか?

かしこく脳をだまして、無理のないダイエットに挑戦してみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

生芋こんにゃくは美肌や骨にも効果アリ!医師推奨のレシピ5選
細いのにあごがたるむ!?二重あごの原因を医学的に解明
豆乳ダイエットの効果は? 気になる成分や飲む量などをご紹介

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP