ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

G・ピーターソンのバンドが日本で世界初ライブ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでオンエア中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。10月6日のオンエアでは、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016」に出演する、ジャイルス・ピーターソンさんをゲストにお迎えしました。

ご存じの方も多いと思いますが、ジャイルス・ピーターソンさんは、80年代から活動するイギリスを代表するDJ・プロデューサーで、世界的に最も影響力のあるジャズDJとも言われています。

そして、ピーターソンさんといえば、J-WAVEで毎週土曜21時から放送している「American Airlines MUSIC FLIGHT」でサッシャと共演中。ピーターソンさんは、「都市」をキーワードにその回のテーマになった音楽を、番組のためだけに選曲してくださっています。

今回は10月7日から9日まで、恵比寿 「ザ・ガーデンホール」と「代官山UNIT」で開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016」に出演するために来日。8日にピーターソンさんによる音楽プロジェクト「ソンゼイラ・ライブ・バンド」のブラジル音楽ライブが“世界初披露”されます!

もともと「モントルー・ジャズ・フェスティバル」はスイスで始まった音楽フェスなのですが、どういったものなのでしょうか?

「まさに世界でもっとも素晴らしいジャズ・フェスティバルです。60年代から続いているんですが、ジャズに関わる人はすべて演奏していると言っても過言ではありません」(ピーターソンさん)

会場はジュネーヴの湖のほとり、アルプスの麓。ステージはインドアにもアウトドアにもあり、クインシー・ジョーンズからジルベルト・ジルまで、ジャズに関わるさまざまなアーティストが出演してきました。

かつて10年にわたって、その一夜をキュレーションしていたピーターソンさん。実は、初めてのライブ体験も、その「モントルー・ジャズ・フェスティバル」だったそう。

そんな「モントルー・ジャズ・フェスティバル」が日本で開催されるのは今年で2年目。ヘンリク・シュワルツ、デリック・メイなど、素晴らしいラインナップと共に、「モントルーのスピリットを紹介します」とピーターソンさん。

今回の日本公演では、二つのステージが無料で楽しめます。一つは、南フランスでピーターソンさんが主催されているフェス「Worldwide Festival」で“日本ナイト”というプログラムがあるのですが、その日本版。

もう一つは、初めてサンバの曲が録音されてから100年ということで、伊藤ゴロー、ブラジルからマイラ・フレイタスなどを招き、サンバ100周年を祝うプロジェクトです。

その他にも今回のフェスでは、さまざまなプログラムが予定されているそうです。“世界初披露”という「ソンゼイラ・ライブ・バンド」のライブももちろん楽しみですが、世界が認めるアーティストたちのステージはジャズファンならずとも、全音楽ファン必見! ぜひ生でジャズのスウィングを体感してください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木曜 11時30分−14時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP