ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本ローンチはあるか、アマゾンが準備する新しい定額制音楽ストリーミングサービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本ローンチはあるか、アマゾンが準備する新しい定額制音楽ストリーミングサービス

アマゾンはSpotifyやApple Music、Google Play Musicなどと競争するために、「Prime Music」とはまた別の、定額制音楽ストリーミングサービスの開始を急いでいるようです。

AFTVnewsによると、新しいサービス名は「Amazon Music Unlimited」になるかもしれないとして、その証拠にAFTVnewsは、近日公開予定のアマゾン Fire TV向けのインターフェース・アップデートから、スタンドアローン型音楽アプリを発見して、そのコードから名称を見つけ出しています。ちなみに「Hawkfire」というコードネームで社内では呼ばれている様子です。

コードの中には日本語の記述も見られ「Amazon Music Unlimitedでいつでもどこでも聴き放題。今すぐ始める」といった文言もあります。日本語があるということは、ローンチ国に日本も含まれる可能性が十分に考えられます。その他に判明しているリージョンは米国、英国、ドイツでした。

新サービスはSpotifyやApple Musicと同様に、オンデマンド型の音楽ストリーミングサービスで、月額10ドルで利用されると、これまで伝えられています。

一番の特徴は、プライム会員向けのサービス「Prime Music」とは、別のサービスとして利用が可能になることが予想され、年間3900円のプライム会員でないアマゾンユーザーでも利用できるという点から、ユーザーにとってのメリットは大きくなりそうです。

関連記事:アマゾンが開発中の定額音楽配信は、スピーカーで標準価格を半分に抑えるかもしれない | All Digital Music

さらに、アマゾンはスマートスピーカーAmazon Echoと連携した、安価な定額制音楽ストリーミングサービスも準備中と言われ、こちらは業界スタンダードの月額10ドルから半額近くの月額4〜5ドルで開始すると噂されています。Echoオンリーなサービスとなるので、これを機会にアマゾンがEchoの世界販売を開始するか、それとも米国オンリーなサービスとして提供されるのか、注目されます。

先日グーグルも人工知能と連携したスマートスピーカー「Google Home」を発表、SpotifyやPandora、Google Play Musicなど、音楽ストリーミングサービスとの連携を発表しています。

■記事元http://jaykogami.com/2016/10/13564.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。