ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コンロのそばに刃物」は風水的にNG 金運にマイナス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 風水の世界では金運を上げるためには秋の過ごし方が重要だという。風水建築デザイナーの直居由美里さんが秋をどう過ごすことが開運に繋がるかを解説する。

 * * *
 風水の基本である陰陽五行では、森羅万象を木火土金水の五行にあてはめて考えます。方位や色はもちろん、巡り来る季節も五行に対応します。春は木、夏は火、秋は金、冬は水、そして季節の変わり目が土、すなわち土用です。

 五行の金は財を司りますが、風水が生まれた古代中国は農耕社会ですから、収穫シーズンである秋が財と結びついたのは自然なことです。金運を上げたいのなら、秋の過ごし方が重要です。

 古来、収穫の秋に祭りが催されるのは、自然の恵みに感謝するとともに、つらい農作業の慰労の意味がありました。9月は十二支では酉の月ですが、「酉」にさんずいをつけると「酒」になるのも、収穫を終えたら酒を飲んで少々羽目を外して楽しく過ごしていいという意味も込められているようです。

 九星気学で金の気を持つのは七赤金星と六白金星です。七赤金星は、口に関する一切の喜びを司ります。おいしいものを食べて、家族や親しい人と楽しく会話するのが、秋の正しい過ごし方です。

 しかし、単に浮かれて過ごしているうちに、長く厳しい冬がやってきます。イソップ童話の「アリとキリギリス」ではありませんが、冬を無事に過ごすためにもそれなりの準備が必要です。

 七赤金星が収穫の喜びを象徴するのに対し、六白金星は蓄財を司ります。北西の倉や収納スペースが財運アップにつながるといわれるのは、六白金星の方位が北西だからです。秋こそ、風水的に家を整え冬に備えましょう。

 まず、部屋の四隅をきれいに掃除してください。金運はホコリと同じで、部屋の隅にたまりやすいのです。風水の本場である香港や台湾では、部屋の四隅に金運を招く開運アイテムをよく置いていますが、むやみに物を置く前に、すっきり掃除することが基本です。部屋の隅が汚れていると、悪運を引き寄せることになります。

 そして、七赤金星の方位である西、六白金星の北西を整えます。もしこの方位にトイレがあるのなら、毎日の掃除をして邪気の発生を防ぎます。

 特に秋、気をつけたいのは、刃物の管理です。包丁やナイフ、はさみなどを無造作に置いていないでしょうか。

 特にキッチンで、コンロの近くに包丁やナイフを出しっぱなしにしているのは、金運に大きなマイナスです。料理が終わって汚れたままの包丁やキッチンばさみを洗わずに放置するのはさらに凶。刃物類は、財に通じる金の気を持つだけでなく、切断するという機能もあります。ぞんざいに扱っていると大事な人の縁を切ったり、家族が対立してしまう恐れがあります。

 刃物類を使用したら、いつも決めている場所に収納する習慣を。フォークやスプーンなどの金属製の食器も出しっぱなしにするのはやめましょう。デスクで使うはさみやカッターナイフも引き出しに収納してください。

 また、切れ味の悪い刃物を使っていると、いざという時に適切な判断ができず、金運ダウンにつながります。包丁を研いでよく切れるようにしておきましょう。

 五行の関係でみると、コンロの火は、刃物の金と対立するので、キッチンの気が大きく乱れます。コンロのそばに刃物を置くのは避けるべきです。部屋の隅、西と北西、刃物をしっかり管理し、秋を金運アップの季節にしましょう。

※女性セブン2016年10月20日号

【関連記事】
経済界からの支持も厚い運命鑑定士が宝くじ運アップ術を伝授
風水師「線香花火は金運上げる。長く燃やし続けるとなお良い」
梅雨時は「傘」で金運アップ 折りたたみ傘、ビニール傘はNG

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP