ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山崎拓氏 僕が聞いた加藤紘一の最後の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政界引退から4年、回顧録『YKK秘録』を今夏に上梓し、盟友・加藤紘一氏を失った今、この男は何を思うのか。ジャーナリストの青木理氏が山崎拓氏にインタビューした。「YKK」のもう一人は小泉純一郎・元首相である。

 * * *
 選挙制度。世襲議員の増加。戦争の記憶の風化。これらが相まって政界の劣化が進行している。加えて言うなら、右肩上がりの成長期がはるか後景に遠ざかり、将来をしかと見通せない不安と焦燥が人々の間に沈殿している。昨今、評伝や発言録がベストセラーになるなど田中角栄が奇妙なブームになっているのは、そのひとつの証左なように私には思える。

 だが、山崎はこう言って首を振る。

「僕はおかしいと思う。立志伝中の人物であることは認めるけれども、功罪があまりに大きい。功のボリュームも大きければ、罪も大きくて、相殺されてゼロだ」

──罪というのはやはり……。

「金権政治ですよ」

 山崎が加藤や小泉とともに衆院議員に初当選したのは1972(昭和47)年。首相の座には当時、福田赳夫との「角福戦争」を制した田中角栄がいた。

「当時、小泉は福田の書生だった。田中に敗れた晩、小泉は福田の酒に付き合った。金権選挙への呪いの言葉を聞いとるわけです。それが小泉の反経世会のDNAですよ」

 山崎もまた、強烈な情景を目の当たりにした。続けて山崎の話。

「僕らよりも1期上に“田中チルドレン”の錚々たる面々がいてね。小沢一郎、羽田孜、梶山静六、奥田敬和、渡部恒三。我々が初当選したら、歓迎会みたいのをやってくれた」

 山崎によれば、酒を飲み、盛り上がった時、出席者が羽田に尋ねた。

「ところで羽田さん、総裁選ではいくらもらったんですか?」

 羽田はこう答えた。

「3000万だよ。なあ皆、貰ったよな」

 そう言ったら皆、肯いた。まるで昨日のことのように山崎が振り返る。

「みんなで3000万かと思ったら、1人3000万。1年生(議員)ですよ。ならば2年生、3年生はいくらもらったのか。田中角栄はそれぐらいカネを配って(総裁選を)ひっくり返した。普通なら福田ですよ」

──というと?

「当時は学歴偏重時代で、福田は一高・東大出の高級官僚出身。誰もが福田になると疑わなかった。ところが田中が奇跡を起こした。なぜかといえばカネの力。日本列島改造政策にせよ、学歴偏重を破壊したという意味でも、功は大きいけれど、罪も大きい。ものすごい放射能を出しながらコンピューター付きブルドーザーで何もかもブチ壊した」

 確かにそうだな、と私も思う。と同時に、だからこそ桁外れの政治家に対する郷愁が田中ブームにつながっているのではないか、とも思う。

 YKKとは、そうした個性が政界に残存していた最後の華だったのかもしれない。信条の違いを認めつつ、必要に応じて行動をともにし、互いを切磋琢磨できた時代。

 首相を務め、政界引退した小泉はいま、「脱原発」を訴えている。山崎は言う。

「原発即廃止、いいじゃないですか。大胆極まりない提案で、郵政民営化なんかより後世に名を残す」

 一方の加藤とは約2年前、天ぷらそばを食べたのが最後の邂逅だった。間もなく加藤は病に倒れ、面会すら叶わなくなったのだが、天ぷらそばをすすりながら、山崎は加藤に初めて問いただしたことがあったという。

「長年、そんな話は一度もしたことがなかったけど、きちんと聞いてみようと思ってね。『君は9条改正に反対か』って」

 山崎によれば、「うん」と加藤は言った。「一言一句もか」と確認すると「そうだ。9条が日本の平和を守ってるんだ」とも。山崎が振り返る。

「内心では僕の意見に同調していると思ったが、そうじゃなかった」

──加藤さんが本気でそう思っていたなら、安保法制にも異議を唱えたかったでしょうね。

「言いたかったでしょう。それに安保法制は同じ意見になったと思う」

──というと?

「集団的自衛権の行使論議は、現役の時、僕が全部潰してきたんだ。加藤が健在であれば、一緒に力を発揮できたと思うんだがね……」

 生粋のハト派と、「不戦」を体に刻み込んだタカ派が共通して守ろうとした一線はすでに飛び越えられた。確かに時代は、大きく変わってしまったのである。

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
山崎拓氏「『乱』さえなければ加藤紘一さんは総理になれた」
田中角栄と福田赳夫の「角福戦争」 小泉純一郎が終わらせた
フジ・生野陽子「そのうち仕事より結婚選ぶ」の噂で持ちきり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP