ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) Yoko Nixon

東南アジアに位置するタイ王国(通称タイ)。微笑みの国としても知られるタイ人の約95%は敬虔な仏教徒と言われるほど、宗教との関わりの深い国でもあります。

そんなタイのお寺の中でも一際異彩を放つ、「地獄寺」をご存知でしょうか。

バンコクから日帰りで行ける、身近な地獄があった!


今回は首都バンコクから気軽に行ける地獄、ワッパーラックローイをご紹介します。まずバンコクの北バスターミナルから約3時間バスに揺られて向かうはナーコンラチャシーマという街。ナーコンラチャシーマに着いたらバスを降りて、ラックローイ行きのバスに乗り換えます。バスターミナルの係の方はほとんど英語を話さないので、根気よく「ワッパーラックローイ!」と伝えましょう。

何もない田んぼ道を歩いた先に待つ地獄の入り口

ラックローイ方面のバスに乗れたら、あらかじめ運転手かガイドさんにワッパーラックローイで降りたいと伝えましょう。バス停も何もない道の真ん中がラックローイ入り口です。


(C) Yoko Nixon

バス停付近には看板も何も出ていないので少々不安になりますが、10分ほどまっすぐ歩くと見えてくる目印の黄色の看板。地獄の入り口までもう少しです。


(C) Yoko Nixon

■あわせて読みたい
バンコクから日帰りもできちゃう!タイの世界遺産の古都アユタヤ
タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

この世の地獄へようこそ

目印の看板が見えてからさらに少し歩くと、ようやく見えてくるお寺の入り口。ここからすでに異様な雰囲気が伝わってきます。


(C) Yoko Nixon

一歩中に入るとそこには色鮮やかな、とてもグロテスクな人形が所狭しと並べられています。


(C) Yoko Nixon


(C) Yoko Nixon

置かれている人形の数々は、地獄の光景を表しているそう。もちろんここはれっきとしたお寺なので、僧侶もいます。


(C) Yoko Nixon

お金を入れると動き出す人形もあって、お寺というよりもテーマパークのような印象も受けます。


(C) Yoko Nixon

360度どこを見渡しても目に飛び込んでくるのはおぞましく、痛々しくもどこか滑稽な人形の数々。


(C) Yoko Nixon


(C) Yoko Nixon

ものの10分もすれば、最初こそは異空間の空気に飲み込まれていたものの、現実世界にあるこの非現実を前に、「○○とはこうあるべき」と言ったような常識が必ずしも常ではないのかもしれない、と思い始めてしまうので不思議です。

お寺を訪れる人の中には現地の家族連れもいて、小さい子ども達も楽しそうに見学しています。子どもの頃にこんなものを見たらトラウマになりそうですが、タイ人の寛容性も垣間見ることができます。


(C) Yoko Nixon

いかがでしたか? バンコクから日帰りで行けるこの世の地獄、ワッパーラックローイ。いつもの観光に飽きてしまった人、日常に刺激を求めている人は、一度地獄の門を叩きに行ってみませんか。

[Photos by Shutterstock.com]

■あわせて読みたい
世界の旅行者が注目!タイの京都「チェンマイ」を訪ねる癒しの旅
【タイ】バンコクで欠かせない定番スポット、暁の寺「ワットアルン」へ
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第1回「タイのバンコクで3つのハッピーを味わう旅」

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP