ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ローリング・ストーンズ、ブルースへ回帰したニューアルバム「ブルー&ロンサム」を12/2に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザ・ローリング・ストーンズ、ブルースへ回帰したニューアルバム「ブルー&ロンサム」を12/2に発売

12月2日にザ・ローリング・ストーンズは、11年振りとなるスタジオ・アルバム「ブルー&ロンサム」をリリースする。

アルバム「ブルー&ロンサム」はザ・ローリング・ストーンズのハート&ソウルでもあるブルースというルーツ、そして情熱に回帰している。「ブルー&ロンサム」は複数のフォーマットでリリースされる。ドン・ウォズとグリマー・ツインズによってプロデュースされ10月6日のアメリカ東部時間の9:00、イギリス時間の14:00そしてその他各国も同時刻(日本時間22:00)からプレオーダーすることが出来る。詳細はオフィシャルサイトまで。

このアルバムはパブやクラブで演奏していた若かりしストーンズがブルース・バンドとしてキャリアをスタートしたリッチモンドやイール・パイ島から目と鼻の先にあるロンドン西部のブリティッシュ・グローヴ・スタジオズで昨年の12月にたった3日間という短い期間でレコーディングされた。

ザ・ローリング・ストーンズのアルバムへのアプローチは衝動的でスタジオではオーバーダブなしで生演奏された。バンドのミック・ジャガー(ヴォーカル&ハープ)、キース・リチャーズ(ギター)、チャーリー・ワッツ(ドラムス)そしてロニー・ウッド(ギター)に長年ツアーでサイドメンを務めていたダリル・ジョーンズ(ベース)、チャック・リーヴェル(キーボード)、マット・クリフォード(キーボード)が加わりさらに2曲には偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンが参加した。

「ブルー&ロンサム」でザ・ローリング・ストーンズはこのアルバムにも収録されているジミー・リード、ウィリー・ディクソン、エディ・テイラー、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフの音楽を演奏していた若かりしブルース・バンドだった時代へ敬意を表している。

プロデューサーであるドン・ウォズのコメント
このアルバムは彼らの純粋な音楽作りへの愛情の証でありそしてブルースはストーンズにとってやること全ての源になっている。

アルバム「ブルー&ロンサム」特設サイト:
http://www.rollingstones.com/

The Rolling Stones – Just Your Fool – Blue & Lonesome

リリース情報

アルバム「ブルー&ロンサム」
CD(デジパック仕様)UICY-15588 2,500円+税
デラックス・エディション<1CD +アルバムのメイキングについての英文解説付 72ページ豪華ブックレット+バンド・ポストカード付>UICY-78026 7,000円+税
※2枚組LP(輸入盤のみ)

<収録曲>
1.ジャスト・ユア・フール (オリジナル:1960年リトル・ウォルター)Just Your Fool (Original written and recorded in 1960 by Little Walter)
2.コミット・ア・クライム (オリジナル:1966 年ハウリン・ウルフ)Commit A Crime (Original written and recorded in 1966 by Howlin’ Wolf – Chester Burnett)
3.ブルー・アンド・ロンサム (オリジナル:1959年リトル・ウォルター)Blue And Lonesome (Original written and recorded in 1959 by Little Walter)
4. オール・オブ・ユア・ラヴ(オリジナル:1967年マジック・サム)All Of Your Love (Original written and recorded in 1967 by Magic Sam – Samuel Maghett)
5.アイ・ガッタ・ゴー (オリジナル:1955年リトル・ウォルター)I Gotta Go (Original written and recorded in 1955 by Little Walter)
6.エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング * (オリジナル:1971年リトル・ジョニー・テイラー)Everybody Knows About My Good Thing (Original recorded in 1971 by Little Johnny Taylor, composed by Miles Grayson & Lermon Horton)
7.ライド・エム・オン・ダウン (オリジナル:1955年エディ・テイラー)Ride ‘Em On Down (Original written and recorded in 1955 by Eddie Taylor)
8.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー (オリジナル:1955年リトル・ウォルター)Hate To See You Go (Original written and recorded in 1955 by Little Walter)
9.フー・ドゥ-・ブルース ** (オリジナル:1958年ライトニン・スリム)Hoo Doo Blues (Original recorded in 1958 by Lightnin’ Slim, composed by Otis Hicks & Jerry West)
10.リトル・レイン (オリジナル:1957年ジミー・リード)Little Rain(Original recorded in 1957 by Jimmy Reed, composed by Ewart.G.Abner Jr. and Jimmy Reed)
11. ジャスト・ライク・アイ・トリート・ユー (オリジナル:1961年ハウリン・ウルフ)Just Like I Treat You (Original written by Willie Dixon and recorded by Howlin’ Wolf in December 1961)
12. アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー * (オリジナル:1956年オーティス・ラッシュ)I Can’t Quit You Baby (Original written by Willie Dixon and recorded by Otis Rush in 1956)

All tracks feature:
ミック・ジャガー:ヴォーカル&ハープ
キース・リチャーズ:ギター
チャーリー・ワッツ:ドラムス
ロニー・ウッド:ギター
ダリル・ジョーンズ:ベース
チャック・リーヴェル:キーボード
マット・クリフォード:キーボード

Guests:
エリック・クラプトン:ギター *(6, 12)
ジム・ケルトナー:パーカッション ** (9)

関連リンク

ザ・ローリング・ストーンズ ユニバーサル内アーティストページhttp://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。