ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【秋の連休】新たな体験を満喫できる「旅行ではない旅行!?」タビカの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都会からすぐに行ける近場で、ゆったりと充実した時間を過ごす旅がコンセプトの「タビカ」。

地元のホストとなる人たちが導いてくれるので準備も不要。

しかも、わずか3,000円ほどというリーズナブルな価格で、楽しくアットホームな体験ができると話題。

さらに、「タビカ」の特徴は日程が合えば、いつでも訪問先のホストの方に会いに行く事ができ、第二の田舎がつくれること。


週刊女性セブン 2016-09-02 発売号
Fujisan.co.jpより

 

雑誌やテレビでも取り上げられるほど、話題の新しい「旅」の形「タビカ」をご紹介します。

タビカとは?

”地元の人のスミカに旅する”をコンセプトに、地域の伝統工芸、農業、食べ物などの体験をする。今までの「旅行」の概念とは異なる体験旅行です。

 

一度行った場所であっても、別の視点から見てみると新しい発見や面白さがあると、人気だそうです。

また、体験といったら泊りがけ…と、ちょっと気が重くなる型には昼食または夕食がついた 日帰りのプランもあるので、一日しか休みがないけど、何となくリフレッシュしたい! と言う方にはピッタリ。荷物も少なく気軽に地元体験をする事ができると好評です。


CEO社長情報 2016-03-29 発売号
Fujisan.co.jpより

 

では、実際にどんな旅があるのかご紹介しましょう…

 

【どぶろくの母ちゃんと一緒に!!】農作業体験とそば打をする田舎体験

場所: 大阪

参加料金: ¥2,500円(大人)

体験時間: おおよそ2時間30分

 

ホストである「どぶろくの母ちゃん」と草刈り、種まき、間引きなど、その時期に出来る農作業を体験。

 

そして、木造のそば処で、ホストがそば打ちを丁寧にレクチャー。

勿論、お蕎麦はお土産に。さらに、もう一つのお土産として話題なのが、地域限定・酒類製造販売を認められた特区「どぶろく地区」ならでは頂ける手作り「どぶろく」。この「タビカ」、田舎のおばあちゃんに会いに行く…という雰囲気がリピーターを呼んでいるそうです。

 

【どぶろくの母ちゃんと一緒に!!】農作業体験とそば打をする田舎体験

 

出典 https://tabica.jp/travel/555

<20~30代独身限定>【秋のサツマイモ掘り&豚汁】肥料、農薬一切ナシ!

畑にあるお野菜と秋の味覚サツマイモを同時に楽しめちゃう旅!

場所: 埼玉県

参加料金: ¥4,900円(大人)¥3,900円(中学生・高校生)

体験時間: おおよそ3時間

 

農薬も肥料も使わずに栽培している、さつま芋掘りと畑にある野菜を使って豚汁を作って食べる旅。さらに、昔ながらの羽釜で炊いた玄米も一緒に楽しめるそうです。この「タビカ」は、家族同士の出会いがあると、好評だそうです。

 

<20~30代独身限定>【秋のサツマイモ掘り&豚汁】肥料、農薬一切ナシ!

畑にあるお野菜と秋の味覚サツマイモを同時に楽しめちゃう旅!

 

https://tabica.jp/travel/551

【日本の筆作り】筆作り発祥地で伝統の「奈良筆」づくり体験

場所: 奈良県

参加料金: 2,700円(大人)

体験時間: おおよそ60分

 

日本の筆の始まりと言われる「奈良筆」づくり体験。最終工程である、筆軸くり込みと、穂首仕上げを体験できます。風情ある独特の街並みの「ならまち」の中で、国の伝統工芸士と共に作り上げる機会などめったにないと、話題を呼んでいます。

 

【日本の筆作り】筆作り発祥地で伝統の「奈良筆」づくり体験

出典 https://tabica.jp/travel/370

 

観光地を見て回るのもいいですが、子供の頃に田舎のおじいちゃん、おばあちゃんと過ごした日々を思う出すような旅行は如何ですか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP