ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅葉の季節に◎大人が楽しむ♪秋のおすすめイベント【全国】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さわやかな気候の中、どこかへお出かけしたくなる秋。全国各地で数多くのイベントが開催されています。

そこで今回は、大人も楽しめる個性的な秋イベントを多数ご紹介!貴重な薪窯焚きを見学できる有田陶磁器まつりや、瀬戸内の島々を舞台に現代アートが展示される瀬戸内国際芸術祭2016など、見逃せないイベントが勢ぞろい。

地元からちょっと足を伸ばして、いつもと一味違う秋を満喫してみてはいかがですか?イベントと同時に街歩きや、美しい紅葉も楽しめますよ。

第12回秋の有田陶磁器まつり【佐賀県有田町】

有田の街を散策しながらゆっくり器選びを楽しむ。

今では稀少となった薪窯焚きの様子を見学することができるイベントもある

薪窯焚きが公開される源右衛門窯

有田陶磁の里プラザ「ちゃわん祭り」

泉山磁石場の紅葉もこの時期見頃を迎える

2016年11月19日(土)~27日(日)

磁器の街として知られる佐賀県有田町で開かれる「秋の有田陶磁器まつり」。テーマは『食と器でおもてなし』で、貴重な薪窯焚きの様子を特別に見ることができる“炎の響演~薪窯めぐり~”などのイベントも開催される。有田紅葉5(ファイブ)と呼ばれる5カ所の紅葉スポットや古い町屋が並ぶ内山地区の町並みなどを散策しながら、器選びを楽しみたい。 第12回秋の有田陶磁器まつり

TEL/0955-43-2121(有田観光協会)

開催地/佐賀県西松浦郡有田町 町内一帯

開催時間/9時~17時(イベント内容により異なる)

料金/無料(一部有料施設あり)

アクセス/電車:開催場所によって異なる 車:西九州道波佐見有田ICより5分

「第12回秋の有田陶磁器まつり」の詳細はこちら

大曲の花火秋の章「あおものがたり」【秋田県・大仙市】

幅広い「あお」にこだわる挑戦的な創造花火競演。

迫力ある尺玉が夜空を彩る、花火の競演をご堪能あれ

2016年10月8日(土)

ブルーだけではない青を表現する「あおものがたり」をテーマに、日本屈指の尺玉づくり8人が腕を競い合う4幕構成の劇場型花火ショー。解説付きの花火ミュージカル2016「フレンチカンカン」など見どころも豊富。 大曲の花火秋の章「あおものがたり」

TEL/0187-62-1262(大曲商工会議所)

※駐車場に関する問合せは大仙市役所 0187-63-1111

開催地/秋田県大仙市雄物川河畔(大曲花火大橋上流河川敷特設会場)

開催時間/18時~19時

アクセス/電車:秋田新幹線・JR奥羽本線・JR田沢湖線大曲駅より徒歩25分 車:秋田道大曲ICより10分

料金/入場料500円 ※有料観覧席は2500円(入場料500円を含む)

※写真提供:秋田県大仙市 ※会場内での傘の使用は禁止。雨天時はレインウエア着用※会場トイレには紙を設置していないため要持参※雨天決行、荒天の場合は順延(日にち未定)

「大曲の花火秋の章「あおものがたり」」の詳細はこちら

さいたまトリエンナーレ2016【埼玉県・さいたま市】

「未来の発見」をテーマにした参加する芸術祭。

アイガルス・ビクシェ「さいたまビジネスマン」

2016年9月24日(土)~12月11日(日)

国内外で活躍するアーティストたちによる、全て新作の芸術祭。首都圏から日帰りでアートの旅を味わえるという貴重なイベントで、世界で先進的に活動する34組のアーティストたちの新作アートに触れることができる。 さいたまトリエンナーレ2016

TEL/048-829-1225(さいたまトリエンナーレ実行委員会事務局(さいたま市役所 文化振興課 トリエンナーレ係))

開催地/(1)与野本町駅~大宮駅周辺(2)武蔵浦和駅~中浦和駅周辺(3)岩槻駅周辺

開催時間/開場時間 11時~18時

料金/入場無料

アクセス/会場によって異なる

「さいたまトリエンナーレ2016」の詳細はこちら

きて みて さわってコキアカーニバル【茨城県・ひたちなか市】

国営ひたち海浜公園のみはらしの丘が一面コキアに!

グラデーションは9月下旬~10月上旬。紅葉は10月上旬~中旬頃

2016年9月中旬~10月中旬

紅葉する草“コキア”が『みはらしの丘』をもこもこと埋め尽くす光景は圧巻!コキアが見せる緑と赤のグラデーションや紅葉を楽しもう。イベント期間中は各種イベントが開催されるほか、特設売店・グルメも味わうことができる。 きて みて さわってコキアカーニバル

TEL/029-265-9001(国営ひたち海浜公園)

開催地/国営ひたち海浜公園

開催時間/9時30分~17時

定休日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

料金/大人410円

アクセス/電車:JR常磐線勝田駅よりバス20分またはひたちなか海浜鉄道湊線阿字ヶ浦駅よりバス10分 車:北関東道~常陸那珂道路ひたち海浜公園ICより5分

「きて みて さわってコキアカーニバル」の詳細はこちら

瀬戸内国際芸術祭2016【香川県瀬戸内】

瀬戸内の島々を舞台にした現代アートの祭典。

リン・シュンロン(林舜龍)の作品「国境を越えて・海」

芸術祭のメインビジュアル

秋会期:2016年10月8日(土)~11月6日(日)

直島や小豆島など、瀬戸内の島々を舞台にした日本を代表する現代アートの祭典。第3回目となる今回は「あるものを活かし新しい価値を生み出す」アートプロジェクトやイベントを展開するほか、瀬戸内の食や文化をたっぷり味わえるイベントなども催される。 瀬戸内国際芸術祭2016

TEL/087-813-2244(総合インフォメーション)

開催地/直島・豊島・女木島・男木島・小豆島など

開催時間/開催地によって異なる

料金/作品鑑賞パスポート大人5000円

アクセス/開催地によって異なる

「瀬戸内国際芸術祭2016」の詳細はこちら

秋の高山祭(八幡祭)【岐阜県高山市】

11台の屋台が見どころ。江戸時代から続く秋の祭。

秋の空の下、八幡祭の屋台11台が曳き揃えられる※写真提供 高山市

布袋台のからくり奉納

約100個もの提灯を灯した屋台が町を巡る宵祭

2016年10月9日(日)・10日(月)

高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、2つの祭をさす総称で、秋に催される「八幡祭」は櫻山八幡宮の例祭。屋台が町を巡る曳き廻しや、布袋台のからくり奉納など、江戸時代の面影を残す伝統的な祭行事が楽しめる。 秋の高山祭(八幡祭)

TEL/0577-32-3333(高山市役所 観光課)

開催地/櫻山八幡宮周辺

開催時間/催しによって異なる

料金/無料

アクセス/電車:JR高山駅より徒歩20分 車:中部縦貫自動車道高山ICより10分

「秋の高山祭(八幡祭)」の詳細はこちら

むらかみ宵の竹灯籠まつり【新潟県・村上市】

1万本の竹灯篭の灯りと古の音色を楽しむ。

今年は竹灯篭が1万本に増え、まつりを盛り上げる

2016年10月8日(土)・9日(日)

村上を代表する夜のイベントともいえる、光と古(いにしえ)の音色のまつり。秋の夜に約1万本の竹灯籠が灯り、揺らぐ光の中で琴や尺八、太鼓といった和楽器やピアノ・フルートの演奏が幻想的なムードを演出する。 むらかみ宵の竹灯籠まつり

TEL/0254-53-2258(村上市観光協会)

開催地/村上市小町通り・安善小路(黒塀通り)と周辺地区

開催時間/16時30分~20時30分

料金/無料

アクセス/電車:JR羽越本線村上駅より徒歩18分 車:日本海東北道村上瀬波温泉ICより5分

「むらかみ宵の竹灯籠まつり」の詳細はこちら

日本三景天橋立ふゆ花火【京都府天橋立】

天橋立の晩秋を彩る約2000発の花火に感動。

2000発の花火が秋の夜空を彩る

2016年10月30日(日)

成相寺開山1300年を記念して平成17年から始まった花火大会で、護摩供養が行われた後、天橋立西側、阿蘇海上に約2000発打ち上げられる。夕方からは模擬店や踊りのイベントなどの開催も予定。 日本三景天橋立ふゆ花火

TEL/0772-22-8030(天橋立駅観光案内所)

開催地/天橋立阿蘇海周辺(※観覧場所:丹後海陸交通駐車場)

開催時間/19時30分~

料金/無料

アクセス/電車:京都丹後鉄道宮豊線天橋立駅よりタクシー10分 車:京都縦貫道宮津与謝道路与謝天橋立ICより10分

「日本三景天橋立ふゆ花火」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

美肌に効きそう♪ダメージ肌ケアにおすすめの温泉6【関西・中国・四国】
下呂温泉の途中で寄りたい♪絶景自慢のランチスポット5選【岐阜】
由布院といえばこの風景!絶対おさえたい「湯布院3景」【大分】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP