ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意】衝撃スリラー『ミュージアム』より残酷すぎる判決シーン「針千本飲ますの刑」特別映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大友啓史監督×小栗旬主演の最強タッグが仕掛ける衝撃作『ミュージアム』が11月12日(土)に全国公開される。

雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。見つけられることを前提としたかのような死体。そして犯行現場に必ず残される謎のメモ。–犯人は通称・カエル男。男は自らをアーティストと呼び、ターゲットにふさわしい”判決”を演出、私刑をくだしていく。

この度、本編に登場する、カエル男の”5つの私刑”のひとつ「針千本飲ますの刑」の特別映像が到着した!

https://youtu.be/xsX79IFxeZw

今回のターゲットは自称占い師。両手を後ろで縛られ、身動きが取れない状態にされた占い師は口を大きく開かされ、大量の釘を体内へと投入されている…。最後は悶絶窒息死だった。

映像のような恐ろしすぎる殺人方法を実行するカエル男。男を追う刑事・沢村(小栗旬)は、犯人を追うはずが、翻弄されいくうち、逆に絶望的な状況に追い詰められて行き…。この秋、最恐のノンストップ・スリラーエンターテイメントが観るものを戦慄させる!!!

映画『ミュージアム』は11月12日(土)全国ロードショー


© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

■映画『ミュージアム』公式サイト
www.museum-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
​ブラッド・ピットは下半身裸で演じた!映画『ファイトクラブ』7つの真実
『幕が上がる』は単なるももクロのアイドル映画ではない。これは社畜のための青春映画だ

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP