体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べるなら「ダークチョコレート」がいい11の理由

食べるなら「ダークチョコレート」がいい11の理由

チョコレートが恋しい季節になってきました。仕事中のおやつに欠かせない、とちょっと罪悪感を感じつつも手放せないその気持ち、わかります。

糖分が大量に含まれている甘いチョコの食べすぎは健康的に良くない一面もありますが、カカオマスの含有量が多い「ダークチョコレート」ならそこまで心配する必要はないと言います。

ブラックチョコやビターチョコなんて呼ばれ方もしますが、「Little Things」で紹介されたその効能を見てみましょう。

01.
抗酸化作用で
アンチエイジング

食べるなら「ダークチョコレート」がいい11の理由

体内の細胞を傷つけ、老化を促進してしまうと言われているのが活性酸素。チョコレートには、ポリフェノールの一種であるフラバノールやカテキンなどが含まれていて、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が期待できるんです。

02.
紫外線から肌を守る

チョコレートに含まれるフラバノールは、血行を良くし、紫外線から肌を守ってくれる効果があると言われています。とくにUVBと呼ばれる、短い波長の紫外線に効果的です。肌の表面が赤くなったり、炎症を防いでくれるでしょう。もちろん、チョコレートだけに頼らず、日焼け止めも忘れずに。

03.
フラバノールが
血圧の上昇を防ぐ

フラバノールには、一酸化窒素の生成を促す作用もあるとか。一酸化窒素は、血管の筋肉を拡げて血圧を降下させ、さらに血栓の発生も予防する効果が期待ですます。加齢とともに体内での生産能力が徐々に衰えていくので、チョコレートで補ってみては?

04.
食物繊維や鉄分、
ミネラルなどが豊富

食べるなら「ダークチョコレート」がいい11の理由

AUTHORITY NUTRITON」の記事によれば、100グラムのチョコレートの中には、腸内をキレイにして消化を助ける食物繊維が11グラム、貧血などに効果的な鉄分が1日に必要な量の67%、生活習慣病やうつ病の予防にも重要なマグネシムが58%が含まれているそうです。さらに「愛情ミネラル」とも呼ばれ美容効果の高いマンガンにいたっては1日に必要な量の98%も!

サプリメントもいいですが、チョコレートも意外に効果的なんです。

05.
正しく摂取すれば
ダイエットにも役立つ

チョコレートに多く含まれる食物繊維は、消化器官の働きをサポートし、太りにくい体をつくるのに役立ちます。

また、チョコレートには消炎作用もあります。炎症があると免疫機能の働きで高血糖になりやすくなるため、日頃から血糖値が高い人にもいいでしょう。ただし砂糖がたくさん含まれている甘いチョコレートの場合は、当然ですが血糖値を上げてしまいかえって逆効果なので、その点は要注意です。

06.
フラボノイドが
認知症予防に効くかも?

チョコレートには血行を良くする作用があり、脳への血流を増加させ、より頭が働くようにしてくれます。さらに近年では、チョコレートに含まれるフラボノイドが認知症予防にも役立つという研究もあります。

07.
気分を落ち着かせる

食べるなら「ダークチョコレート」がいい11の理由
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。