ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョコレートを食べると幸せな気分になれる理由が判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チョコレートを食べると、何だか幸せな気分になるという方は多いでしょう。これは単に甘いものが好きだからというわけではなく、チョコレートに含まれているある成分のせいだったのです。チョコレートにはポリフェノールもたっぷり含まれているので、毎日少しだけチョコレートを食べるのは、体のためにもいいんですよ。

チョコレートを食べると幸せ気分になる理由は?

チョコレートを食べると幸せ気分になるのは、チョコレートに含まれているフェニエチルアミン(PEA)という成分が原因だったのです! PEAは神経伝達物質のひとつで、恋をしている時のドキドキ感や気持ちが高揚する感覚をコントロールする働きを担っています。恋愛に夢中な時は、PEAの作用で興奮系ホルモンのドーパミンが大量に分泌されます。だから、チョコレートを食べて幸せ気分になるのは、恋をしている状態と同じ。さらにチョコレートに含まれる吉草酸にはリラックス効果があるため、PEAとの相乗効果で幸福感に包まれてしまうのです。

ポリフェノールがたっぷりでアンチエイジング効果も!

チョコレートに含まれるポリフェノールの量は、赤ワインに含まれる量よりも多いことを知っていますか? ポリフェノールは抗酸化力が高い成分で、アンチエイジングには欠かせません。赤ワインを毎日飲むのは難しいですが、チョコレートなら毎日少しずつ食べられますよね。ポリフェノールには、血液をサラサラにして生活習慣病を予防する効果もあるので、健康のためにもGoodなのです。

実はチョコレートはミネラルの宝庫だった!

チョコレートには、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。カリウムには体内の不要な塩分を水分と一緒に排出して、体のむくみを取る効果が、鉄分には貧血を改善する効果があります。意識して亜鉛を摂っているという方は少ないと思いますが、実は亜鉛はタンパク質の合成に関わっている栄養素。亜鉛を摂ることでお肌のターンオーバーが正常化し、タンパク質の一種のコラーゲンの生成も促されるのです。チョコレートには、女性の美に必要な栄養がいっぱい詰まっているんですね。

意外にも栄養が豊富で、毎日食べたいチョコレートですが、やっぱり食べ過ぎは禁物。できるだけカカオ70%以上のものをチョイスして、1日に食べる量は50g位までにしましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP