ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戸棚の奥で眠ってない? 余りがちな「八角」消費レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですがキッチンの戸棚の奥のほうを見てください。随分前に開封したものの、すっかり存在を忘れていた「八角」はありませんか? 別名「スターアニス」とも呼ばれる八角は、中国では豚の角煮などの料理に広く使われるスパイス。ヨーロッパではコンフィチュールなどの甘いものの香り付けによく用いられます。ただ、和食とはなかなか馴染みが薄いため、うっかり持て余してしまう家庭も多いようです。今回はそんな余りがちな「八角」を賢く消費するレシピをご紹介しましょう。

八角の風味がきいた大定番

中華風豚の角煮

八角料理といえばやっぱり「豚の角煮」がお約束。八角と紹興酒で香り豊かに仕上げた中華風角煮です。八角は3個使用。

八角&シナモンで味にアクセント

チャイナローストビーフ

洋風料理のローストビーフも八角を使えば中華風の新鮮な味わいに。パーティー料理にもぴったりの華やかさです。八角は2個使用。

八角の香り豊かな本格チャイ

本格アニスチャイ

八角をはじめカルダモン、シナモン、しょうが、黒粒こしょうをたっぷり入れたスパイシーなチャイ。甘い香りと優しい味で体が芯から温まります。八角は2個使用。

個性的な甘さを感じさせる八角の香味はフェンネルやアニスにもよく似ています。肉料理やソースの風味付けにも活躍しますので、「あとひと味足りないかな?」というときはぜひ八角を加えてアレンジしてみては? いつもの料理が新鮮に変身するかもしれません!

関連記事リンク(外部サイト)

米スイーツもあり!? 新米の時期に食べたいお米のびっくり料理
豆腐の日は栄養満点の「おから」を食べよう!
ホームパーティーやおもてなしに! かたまり肉を使ったごちそうレシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP