体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“湘南色”満載のららぽーとがオープン! ひと足お先に潜入レポート

 “湘南色”満載のららぽーとがオープン! ひと足お先に潜入レポート

神奈川県のほぼ中央に位置する平塚市に、10月6日「ららぽーと湘南平塚」がグランドオープンしました。湘南平塚の自然をデザインに取り入れた6万m2の空間は、“湘南”と“ギャザリング(集い・つながり)”をテーマに247店舗が展開。ショッピング+αの価値を提供しようと工夫が凝らされた、ニュースポットにひと足早く潜入してきました。

大規模なタウン開発が進行中! ママがうれしいスペースも

関東三大七夕祭りのひとつ「湘南ひらつか七夕まつり」が開催される平塚市は、江戸時代に東海道7番目の宿場町として栄えたエリア。近代に入り、日産自動車の関連会社をはじめとする工場を中心に工業都市として発展してきました。

JR東海道本線「平塚」駅から徒歩圏内にオープンした「ららぽーと湘南平塚」は、日産車体湘南工場の跡地に誕生。周辺は平塚市役所や平塚市美術館、平塚市総合公園など公共施設が立ち並ぶ、市の中核を担うエリアです。現在、住宅地区・医療福祉地区・工業地区を含めた大規模複合再開発「LaLa City湘南平塚」の整備が進み、新しい街の顔となる商業施設としても注目されています。【画像1】ららぽーととしては13番目にオープン。開業に合わせてバスルート・バス停も新設された。施設周辺では分譲マンションや病院の建築、戸建住宅の開発も進められており、新たな街「LaLa City湘南平塚」が平塚市の中心部に創出されることになる(画像提供/三井不動産)

【画像1】ららぽーととしては13番目にオープン。開業に合わせてバスルート・バス停も新設された。施設周辺では分譲マンションや病院の建築、戸建住宅の開発も進められており、新たな街「LaLa City湘南平塚」が平塚市の中心部に創出されることになる(画像提供/三井不動産)

“ひらつかリビング~My Third Place~”をコンセプトに据えた同施設は、子育て世帯にうれしいスペースやキッズ向け店舗、アミューズメントが充実していることが特徴です。そのひとつが2階にある「こにわハウス」と名付けられたエリア。ママの“あったらいいな”をかたちにしたというこのスペースには、すべり台などの遊具のほか、離乳食が食べられるようにと電子レンジや調乳機を設置。さらには、ゆったりとしたソファのある授乳室などを完備しており、ショッピングの合間に親子でゆったりと過ごせる空間となっています。【画像2】子どもの成育環境を専門とする東洋大学の仲綾子准教授をはじめ乃村工藝社のチームMと三井不動産のママwithチームが組み、コンセプトの開発からデザイン、遊具と玩具のセレクトまで一緒に取り組んだ。“我が家のような居心地の良さを感じられる遊び場”に(写真撮影/末吉陽子) 【画像2】子どもの成育環境を専門とする東洋大学の仲綾子准教授をはじめ乃村工藝社のチームMと三井不動産のママwithチームが組み、コンセプトの開発からデザイン、遊具と玩具のセレクトまで一緒に取り組んだ。“我が家のような居心地の良さを感じられる遊び場”に(写真撮影/末吉陽子)【画像3】子ども向けのアミューズメント施設として注目されているのが「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」。創造力や共感力などを育むアートな体験を楽しめる仕掛けがちりばめられた空間だ※有料(写真撮影/末吉陽子)

【画像3】子ども向けのアミューズメント施設として注目されているのが「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」。創造力や共感力などを育むアートな体験を楽しめる仕掛けがちりばめられた空間だ※有料(写真撮影/末吉陽子)

地域の特色を活かした店舗が数多く出店

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。