ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステージIVの胃がん、大腸がん、肺がん 受入数日本一の病院

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 がん治療で重要なのが病院選びだ。国立がん研究センターが9月26日に公表したがん拠点病院症例数の全国集計は、重いステージのがん患者にとって、最後までケアしてくれる病院かを見定める目安になる。

 がんの進行度は最も軽い0期から最も重いIV期まで5つのステージに分類される。

「ステージIVの患者を多く受け入れる病院は、抗がん剤や放射線療法など治療の幅が広い病院で、スタッフも幅広い専門性を有した人材が揃っていると考えられます。治療が難しくても、緩和ケアを行なったり、最期まで看取ってくれる可能性も高い」(医師で医療ジャーナリストの森田豊氏)

 ステージIVの胃がん患者の受け入れ数トップは、国立がん研究センター東病院だ。2010年に腹腔鏡下手術(※1)の名医・木下敬弘氏をヘッドハンティングし、胃がん治療を強化している。

【※1:腹腔鏡下手術/腹部に数か所穴を開け、内視鏡の一種である腹腔鏡を1つの穴から入れて内部を見つつ、別の穴から入れた器具でがんの切除、摘出などを行なう手術。これまでの開腹手術と比べて患者への負担が少ない】

「2014年6月には手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』を用いた腹腔鏡下胃切除を導入しました。ステージII以上の進行がんの臨床研究も積極的に行なっています。また、緩和ケア病棟が地域の医療機関と連携しており、患者さんが在宅療養が困難になった場合は速やかに受け入れ対応しているのも大きな特徴です」(国立がん研究センター東病院)

 大腸がんのトップはがん研究会有明病院。手術は年間640例以上に及ぶ。大腸がん専門の外科医、内科医、化学療法専門医によるチーム医療が特徴で、かなり進行していても、化学療法と放射線療法、手術を組み合わせて完治を目指すという。“最後まで諦めたくない”人にとって心強い体制が築かれている。

 肝がんは、胃がんと同じく国立がん研究センター東病院がトップだった。

「大腸がんからの転移先として最も多いのが肝がんです。当院では、日本で初めて導入した陽子線治療法(※2)と併せ、他の化学療法も行なっています。これによってがんが小さくなれば、転移した肝がんでも切除が可能になる場合がある。このような手術をこれまでに100例以上行なっています」(国立がん研究センター東病院)

【※2:陽子線治療法/放射線治療のひとつ。水素や炭素などのミクロ粒子の中で、一番軽い水素を用いてがん部分に照射する治療法。周辺の正常な細胞にほとんど影響することなく、がん細胞に直接到達し、死滅させることができる】

 肺がんは静岡県立静岡がんセンターがトップ。進行がん患者の受け入れが多い理由について、同センター呼吸器内科部長・高橋利明氏はこう答えた。

「地域に肺がん治療の専門医が少ないため紹介が集中しています。また年齢や合併症などにより化学療法を受けることができなくても、緩和医療を希望されている場合には患者さんを受け入れているのも理由のひとつ。加えて患者さんの希望に添って転院していただくことなくお看取りまで行なっているのも当院の特徴です」

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

【関連記事】
自覚症状なく治療困難な肺がん患者 受け入れ数トップ10病院
日本人の死因2位の胃がん 患者受入数トップ10病院を発表
男性の死亡者数3位の肝臓がん患者 受入数トップ10病院発表

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP