ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「行列のストレスを軽減してくれるイス」を日産が開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。

座っているだけで、
気がつけば最前列に

先頭のお客さんが店内へ通されると、彼がそれまで座っていたイスは自動的に最後尾へ。同時にすべてのイスが一つずつ前に詰められます。ナニコレ!これは、日産自動車株式会社が開発した「プロパイロットチェア(ProPILOT CHAIR)」。先行するイスを認識し一定の距離を保ちながら追従する機能、および指定されたルートに合わせて自動でストップ・アンド・ゴーを行う機能を搭載しており、自動操舵で移動します。

美術鑑賞もこの通り。

「同一車線自動運転技術」から
着想を得たイス

このイスは、同社の同一車線自動運転技術「プロパイロット」がもとになったもの。自動運転というテクノロジーを使ってドライブの楽しみはそのままに、単調で退屈な運転をなくしていく。そんな願いが込められている。

ちなみにこのプロパイロットチェアは、現在、設置店舗を募集中。行列のできる人気店を経営中のオーナーは、ぜひこちらをチェックしてみては?Licensed material used with permission by 日産自動車株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

「自動運転車のドライバーに免許証は必要なし」。カリフォルニア州の新方針に世界が注目するワケ
立ち上がれる・階段を登れる「車イス」が開発中!
自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP