体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

成長するためには「苦手な人」のなかに飛び込んでみよう

成長するためには「苦手な人」のなかに飛び込んでみよう

今ではフリーランスのノマドワーカーとして知られ、多方面で活躍中の安藤美冬さん。しかし26歳のときには、人生のどん底にいたと語っています。そんな安藤さんが立ち直ることができたのは、いろいろな人との繋がりや支えがあったから。けれどそれは、自分と似た考えの人を集めて、心地よい関係にひたることではありません。

「苦手な人、自分とは少し違うと感じる人、そういう人の中に飛び込んでいきましょう」

そう語る彼女の著書『行動力の育て方 自分を変える「7+1の習慣」』で紹介しているのは、積極的に異なるものを取り入れて、力にしていく習慣です。

01.相談はあえて反対意見をくれそうな人にお願いする

成長するためには「苦手な人」のなかに飛び込んでみよう

私は、いざというときに相談する人を集めた「メンター(師匠)リスト」を作っています。リストと名付けているくらいですから、メンターは1人ではありません。まず相談を「仕事」「お金」「人間関係」「健康」などの分野別に区分して、それからひとつの分野に複数のメンターを入れるようにしています。

メンターは何も著名な人や、大きな実績がある人に限りません。私が挙げているメンターには、両親や親戚、年下の人もいれば、10年来の友達もいます。何かの分野に詳しい人もいれば、人間的に信頼のおける人もいて、メンターと仰ぐ理由はさまざまです。究極的には「すべての人がメンター」だと思います。

ただ、いろいろな人を見ていると、似たようなタイプの人に相談しているケースが多いと感じます。ここで覚えておいていただきたいのは、このリストの中に、あえて自分とは違うタイプの人を加えておくことです。

価値観や行動指針が異なるわけですから、たいていは、自分がやろうとすることに反対意見が返ってくるか、ストップがかかります。耳が痛くなる助言を聞いた際には、「この人に意見を聞かなければよかった」と思うことも、しばしばです。

しかし、それこそが自分とタイプの違う人に相談する目的なのです。彼らは、私がまだ気づいていない、そしてこのまま突き進んでいたら将来ぶちあたるかもしれない「行き止まり」を、先んじて教えてくれます。自分の盲点に気づくことで、正しく行動していくための「突破口」を見つけることができるのです。

02.自分と相手の違いを尊重して「第3の案」を見つける

成長するためには「苦手な人」のなかに飛び込んでみよう

内閣府が主宰する国際交流事業に、スタッフとして参画したときのこと。参加者と私たちスタッフが乗船する船がインドに寄港したとき、現地の人による盛大な歓迎パーティーが開かれました。

ところがパーティは押しに押して、すでに時刻は21時。終了の時刻をとうに過ぎてしまいました。日本側としては、参加者たちを一刻も早く送迎バスに乗せて船まで送り届けなければいけない責任がある。ホスト側としては、せっかく準備をしているのだから、すべての出し物を終わらせたいという思いがあります。さていったいどうしたものかとスタッフ一同、頭を悩ませていました。

そんなとき、こうした国際交流事業に数年かかわっているひとりの男性スタッフが、不意にステージに上がり、ホスト側のインドの方や日本側の参加青年たちと一緒に踊り出したのです!

いったい何がはじまるんだろうと様子を見守っていると、彼は懐から一枚の紙を取り出しました。「GO TO BUS(バスに戻ってください)」と大きく書かれた紙を高々と掲げて、周囲の人と列を作って、踊りながらステージから降りてきたのです。参加青年たちはこの列にひとりまたひとりと加わりながら、ステージや客席から離れ、会場の雰囲気を壊すことなく撤収できました。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy