ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あらゆる味を表現できる味覚センサーが凄すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。今週は私たちのライフスタイルに浸透する新しい科学技術に注目。3日目となる10月5日(水)のオンエアでは、“味覚の世界の最先端”をピックアップしました。

今回、ゲストにお迎えしたのは「味覚センサー レオ」を開発し、様々な“味覚の不思議を解明する味博士“こと鈴木隆一さん。鈴木さんは味覚分析や味覚のコンサルティングを行う「AISSY株式会社」代表で、慶應義塾大学で共同研究員としても味覚を研究中です。

■ 味覚は舌で味わうものではない!?
私たちは誰もが、味を舌で感じていると思っていますが、驚くことに実はそうではないと鈴木さんはおっしゃいます。

「舌では“電気刺激”が起きているだけで、そこ自体に“味”があるわけじゃないんです。その刺激が脳に伝わって、脳が『あ、この刺激は甘いな』とか『この刺激は酸っぱいな』とか解釈し、初めて“味”になる。実は脳で感じているわけです」(鈴木さん、以下同)

これは驚きの事実ですね。例えば、歯医者で麻酔をした時に、舌触りはあるけれど味がしなくなるのは、脳に“味の情報”が伝わっていないからなのだそうです。

■「味覚センサー レオ」とは?
「味」=「情報」という考えの元に製作された、人工知能搭載の「味覚センサー レオ」。これは人間が感じる“5つの味”の元になる成分を電気的に測定、数値化するセンサーだそうです。ちょっと難しい話ですね(笑)。

「そもそも人間には、“5つの基本味”『甘い』『しょっぱい』『酸っぱい』『苦い』『旨味』があるんですけど、この5つの味の組み合わせであらゆる味を表現できるんです。これを数値化するのが『味覚センサー レオ』なんです」

つまり、この「味覚センサー レオ」を使うと、例えば「しょっぱい2」、「苦い1」と味を表すことができるそうです。

■料理の相性も可視化できてしまう!
よく「肉料理には赤ワインが合う」などと言いますが、「味覚センサー レオ」ではそんな味と味の“相性度”もわかります。

「お互いの味を引き立てられるかどうかの観点で説明します。悪い例で説明しますと、“すごく重く感じる赤ワイン”と“割と薄味の魚料理”を組み合わせてしまいますと、赤ワインの味が魚料理の繊細な味を消してしまうんです。そうすると相性的にはあまりよろしくない。そういったところを計算して出すことができるんです」

「ある意味、私たちは“情報”を食べているってことですか?」との別所の質問に、「そういうことですね」とあっさり答える鈴木さん(笑)。 そう思うとちょっと味気ない!?(笑)

■「美味しい」とは、つまりどういう味?
私たちはいろいろなものを食べて、ひとまとめに「美味しい」と言ってしまったりしますが、これはどういう状態なのでしょうか? 鈴木さんいわく、人間が感じる“5つの基本味”が全部揃うと、逆に美味しくないのだそう。

「例えばイチゴであれば“甘さ”と“酸っぱさ”、味噌汁であれば“しょっぱさ”と“旨味”のように、2つか3つの味が強いと、我々は“美味しい”と感じるんです」(鈴木さん)

逆に強い味が多すぎると、情報が複雑すぎてどの味かわからなくなってしまい、1つだと味が単純すぎて美味しさを感じないのだそうです。2〜3、強い味があり、そこに香りや見た目、食感が加わることでより「美味しい」と感じるのですね。

ちなみに「味覚センサー レオ」は、飲み物、調味料など、いろんな分野で導入が進んでいるそうですが、塩分少な目、でもあたかも塩分があるかのような味を作る、など健康面でも使える研究が進んでいるそうです。

とても興味深いお話がたくさん聞けた今回の放送。近未来、私たちの“味”への見方は変わっているかもしれませんね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時―9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP