体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【思わぬトラブル】リオのキリスト像を目指す「3つの道」を行ってみた結果・・・

ブラジルと言えば… リオデジャネイロと言えば… という質問で間違いなく出て来る、観光名所であり、ブラジル屈指のランドマークである、“コルコバードのキリスト像”

 

 

リオデジャネイロの街を歩いている時にでも、視線を上に向けると街の至る所からその姿を確認することができます。

 

そんな“コルコバードのキリスト像”に行くには、3種類の方法があるのをご存知ですか?今回は、ブラジル観光のNo.1スポットと言っても過言ではない“キリスト像”に行く3種類の方法を紹介させていたします。

 

ルート1 : 最もオーソドックスなシャトルバス

(ラルゴドマシャード駅を出てすぐの窓口。)

 

メトロ・ラルゴドマシャード駅と、コパカバーナのリド広場の2カ所から運行しているヴァン(シャトルバス)。ラルゴドマシャード駅のチケット売り場は、出口Aから出て徒歩0分ということもあり、日曜日には長蛇の列となっていました。

 

ラルゴドマシャード駅では、駅を出てすぐにチケット売り場、ヴァンの乗り場には英語も通じるツーリストインフォメーション、そして交番と、迷うことも無ければ、安全にコルコバードの丘を目指せるとあって、3種類の行き方の中で最も人が集まっていたように思います。

 

話を聞いてみたところ、週末は68レアル(約2100円)、平日では56レアル(約1700円)と、曜日や時期によって料金が変動するとのことでした。片道20~25分間で、20分間隔で出発しているそうです。

 

ちなみに、この金額は「ラルゴドマシャード駅~キリスト像間」の往復運賃と、キリスト像へのエントランス料を含む料金となっているそうです。

 

ルート2 : 旅行気分も満点!?の登山電車

(クラシックな建物が目印の駅)

 

 

2つ目に紹介するのが、登山電車を使う行き方。

 

ルート1で紹介した、ラルゴドマシャード駅から徒歩20~30分ほど歩いた一角に、人が集まる場所が見えてきます。そこにあるのが“Trem do corcovado(トレム・ド・コルコヴァード)”という、キリストに向かう登山電車の駅です。お土産屋さんが並んでいたり、コルコバードの写真が多く飾られていたりと、旅行気分を盛り上げてくれます。

 

(丘の上に続く線路。電車が着くと、観光客で駅がごったがえします。)

 

この駅までは、バスまたはタクシーなどで行くのが一般的なようです。

 

(こちらが発券機。英語も話せる係の人もいて安心です。)

 

駅では、窓口とチケット発券機とがあります。乗車券とコルコバードの入場料が込みで料金は、私が見たとき(2016年9月)には、大人は68レアル(約2100円)でした。この料金は、ヴァンと同じくシーズンによって変動するそうです(ちなみに、インフォメーションで聞いたところ、61.60~74.80レアル(約1900~2300円)の間とのことでした)。

 

また、電車は30分間隔での運行なのですが、ハイシーズンによっては8:00~19:00までの電車が予約なしでは乗れない程の人気になってしまうそうです。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy