体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝わってくる。現実には絶対にアリエナイ組み合わせ、どっちもスゴいぞ!

摩天楼
VS ブルジュ・ハリファ

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

世界一の高さを誇るドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が、もしもマンハッタンに存在したら…。828mは摩天楼でも群を抜いて高い。

セントラルパーク貯水池
VS 石油タンカー

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

もう一枚NYから。セントラルパーク敷地内のジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池に浮かぶのは、世界最大級ノルウェー船籍の石油タンカー「ノック・ネヴィス」。全長458.45m、全幅68.8mがこの貯水池に入れば、当然ながら身動きが取れない。

航空母艦
VS タイタニック号

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

ご存知、20世紀初頭の豪華客船「タイタニック号」を甲板の上に乗せてもなお巨大な空母は、横須賀港にも寄港する全長333mのロナルド・レーガン。タイタニック号は全長269mといわれている。

スタジアム
VS ステルス戦略爆撃機

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機「B2」は、一機1,800億円という超高額な価格でも話題となった。特筆すべきはそのサイズ。羽を広げると両翼52.4mに。フットボールのサイドラインよりまだ大きい。

フロリダ半島
VS デス・スター

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の宇宙要塞は、推定約160キロメートルという設定。フロリダ半島の1/4のサイズになる。

シティコミューター
VS ロケットエンジン

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

1950年代、NASAの宇宙開発事業に大きく貢献した、エアロジェット社製ロケットエンジン「M-1」。これを小型電気自動車シティコミューターと比較すると、だいたいこんなサイズ感。

ダイバー
VSメガドロン

比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。