ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンクロッカーVSネオナチ! 故アントン・イェルチン主演スリラー『グリーンルーム』来年2月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

孤独なホームレスの静かなる復讐劇『ブルー・リベンジ』(13)で大きな注目を集めた新進気鋭の映画作家ジェレミー・ソルニエ待望の最新作『グリーンルーム』が2017年2月11日(土)より公開されることが決定した!

本作は、『スター・トレック』シリーズの航海士チェコフ役で知られ、今年6月に不慮の事故で亡くなったアントン・イェルチンが主演を務め、共演に『マイ・ファニー・レディ』で魅力的な天然のコールガール、イジーを演じて注目を集めるイモージェン・プーツ。さらに『新スター・トレック』のピカード艦長や『X-MEN』のプロフェッサーXなど正義のイメージが強い名優パトリック・スチュワートが極悪なネオナチ・リーダーを演じた密室スリラーだ。

ティザービジュアルも解禁。映画の公式Tシャツのモチーフにもなっている獰猛な番犬のポスターや、ステッカーやフライヤーが壁に貼られたライヴハウスの楽屋(=英語で”グリーンルーム”)らしい部屋で、一人の青年が物々しいオーラを放って立っている。右手には大きなナイフ。何やらただならぬ覚悟を感じさせる後ろ姿だが、一体これはどんな状況をイラストにしたものなのだろうか?映画を観ると、その答えにアッと驚くだろう。張り詰めたスリルと燃え上がる闘志を感じさせるティザービジュアルの真意を、ぜひ劇場でお確かいただきたい。

売れないパンクロックバンド「The Ain’t Rights(エイント・ライツ)」がようやく出演できたライブ会場は、なんとネオナチの巣窟だった――そのうえ運悪く舞台裏の殺人現場を目撃してしまったバンドメンバー達は、全員命を狙われるはめに。圧倒的に不利な状況の中、グリーンルーム(英語で”楽屋”の意味)に閉じこもったメンバー達は知恵と反骨精神を武器に、ネオナチ軍団に立ち向かう!

2017年2月11日、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

(c)2015 Green Room Productions, LLC. All Rights Reserved.

■『グリーンルーム』公式サイト
transformer.co.jp/m/greenroom/

『Green Room』海外版予告映像

関連記事リンク(外部サイト)

イチローが所属するマーリンズのド素人監督の執念がスゴすぎる「金と権力で頂点に立つ」
総合格闘技の試合でプロレス技が炸裂!ザ・ロック様の必殺技で対戦相手を瞬殺【動画】
映画『ブラフマン』大ヒット記念!箭内道彦監督トークイベントが面白すぎる【ほぼ全文】
スティーブン・セガールがロシアで「セガール拳」炸裂 動かずに相手が勝手に倒れていく!
花王『メリット』CMに出演している女の子が「美少女すぎる」とネット上で話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP