ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温感湿布と冷感湿布、どちらを選んだらいいの? 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

温感湿布と冷感湿布、どちらを選んだらいいの? <br />

腰や肩などの慢性の痛みに悩まされている方は少なくないでしょう。そんな時、応急処置として、日頃お世話になることの多い湿布。捻挫や打撲した時などにも利用でき便利ですが、温感と冷感湿布、どちらを使ったら良いのか迷うことはありませんか。2つの湿布の利用法についてまとめてみましょう。

温感・冷感湿布の違いは何?

温感湿布と冷感湿布、実は含まれている薬剤が一緒なのをご存じでしょうか。どちらにも炎症鎮痛剤といわれる炎症を抑える成分が含まれています。温感・冷感湿布の大きな違いは何かというと、貼った時に皮膚に与える感覚です。温感湿布が暖かく感じるのはトウガラシエキスの働きによるもの、冷感湿布が冷んやりとするのはメントールやハッカ油などの刺激によるものです。結論を言うと、温感湿布と冷感湿布の炎症を抑える薬としての効果は、含まれる成分が一緒なので同じです。あとは温感か冷感か、症状によって温めた方が効果を得やすい場合、または冷やした方がいい場合と分かれるのです。

症状によって使いわけよう

基本的には温感・冷感湿布は、患部に貼った時に気持ちよく感じるほうを貼るのが良いとされています。温感湿布は温めることで患部の血管を広げて血行をよくする効果があるので、肩こりや腰痛など、慢性的な痛みに向いています。冷感湿布は打撲や捻挫などの急性の痛みに向いています。急性の痛みが起こる場合は、炎症や腫れを伴っていることが多いので、これらを冷やして鎮めたほうがよいのです。どちらを使ったら良いのか分からない場合は、感覚的に患部の痛みが和らぐと思われる方を選びましょう。

注意することは?

湿布を貼った時のポカポカ、または冷んやりとした感覚、くせになりそうな気持ち良さがありますよね。でも使い方には注意が必要です。覚えておきたいことは、湿布はかぶれやすいということです。かぶれを避けるためには、湿布を貼る前に患部の水分や汗を、しっかり拭き取ってから貼るようにします。また長時間貼り続けるのは避けましょう。1日貼っておけるタイプのものもありますが、肌の敏感な方は特に数時間にとどめておいた方が良いでしょう。また毎回同じ場所に貼ると、かぶれやすくなります。特に温感湿布は刺激が強く、入浴で肌を温めるとかぶれを起こすことがあります。入浴する1時間前にはがしておき、入浴後も1時間ほど、温感湿布の使用を控えておいた方がよいでしょう。
痛くてたまらない時にあると助かる湿布。いざという時の救世主ですね。上手に使い分けて快適な毎日を過ごしましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP