ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本の貧困率は過去最悪 日弁連会長「政策の貧しさが社会の貧困を生んだ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本弁護士連合会会長の宇都宮健児弁護士

 貧困問題に取り組む日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏が、BSジャパン『勝間和代#デキビジ』に出演し、悪化する日本の「貧困率」について、「政府が、(相対的)貧困率を公表したことは評価できるが、発表しっぱなしで何のためにやっているかわからない」と述べ、貧困率の改善に向けて、政府全体として取り組むべきだと指摘した。

 相対的貧困率とは、全国民の等価可処分所得(世帯の可処分所得=所得のうち自由に使えるお金を調整し、算出した値)の中央値に対し、その半分に満たない世帯員の割合をいう。厚生労働省が2011年7月に発表した相対的貧困率は16.0%。この数値は2009年、民主党政権発足を機に公表された値に比べ0.3ポイント増加しており、過去最悪のものとなった。

 悪化する貧困率について宇都宮氏は、

「日本は、先進国の中でも(相対的)貧困率や貧富の格差が大きく、(格差を糾弾するデモの行われた)アメリカに似たような現状がある。日本の豊かさを示す指標として、GNP(国民総生産)の他に貧困率を測定し、削減目標を立てるべき」

と訴えた。

 また、「戦後、貧困率を調査した政権はなかったので、政権交代後に公表したことは評価できる」としながらも、貧困率と高まりとともに児童虐待の件数が増加していることなどを指摘。政府には「深刻な反省がない」とし、「(貧困率を)発表しっぱなしで終わっていて、何のためにやっているか分からない」と批判した。宇都宮氏はさらに、

「政治の貧困が社会の貧困を生みだし、貧困をさらに悪化させている」

とし、政権交代前から「年越し派遣村」などをとりあげてきた民主党政権が主導して、この問題に取り組むべきだと訴えた。

◇関連サイト
・BS JAPAN「勝間和代#デキビジ」 – 公式サイト
http://www.bs-j.co.jp/dekibiz/
・[ニコニコ生放送] 宇都宮弁護士の訴えから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70670794?po=news&ref=news#27:28

(藤崎桂太郎)

関連記事
「東京を占拠せよ」ウオール街の格差デモに呼応主張はバラバラ
「貧しくても楽しまなくてはならない」状態になっていた 東浩紀が語る若年層
小沢一郎「消費税増税は国民に対する背信行為」 小沢×田原対談全文(前)
ツイッターの”モニタリング”事業に日弁連が抗議声明「表現の自由を侵害する恐れが大きい」
生活保護受給者増加で、派遣切り相談減少?派遣村・村長が語る派遣問題の現状

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。