体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっと旅行を楽しく♪旅行に役立つバリアフリーイベント【東京・横浜】

もっと旅行を楽しく♪旅行に役立つバリアフリーイベント【東京・横浜】 バリアフリー

旅行情報をお届けしているじゃらんから、11月18日にじゃらんMOOKシリーズ「車イス・足腰が不安な方のじゃらんバリアフリー旅」を発行することになりました!そこで今回は、日常をはじめ旅行にも役立つバリアフリーのイベントを紹介したいと思います。車いすでの旅行に持っていきたい便利グッズや、正しい旅行の計画方法、また、コミュニケーションの大切さに気づかせてくれる体験など、バリアフリーの知識や気づきを与えてくれるはずです!

グッズひとつで快適な旅を実現!バリアフリー機器を学ぶ

東京ビッグサイト

東京ビッグサイトで行われる大規模イベント

車いすの移動や旅先での食事など、助っ人グッズがあることでもっと旅が楽になる、こんな発見が得られるのが「国際福祉機器展H.C.R 2016」。高齢者と障害者の自立と介護支援のための機器の開発・普及の促進を行っているイベントです。旅先の美味しい食事は、お箸やスプーンを持つ握力がないと楽しめませんよね。筆談グッズやコミュニケーションボードがあれば、宿泊先の夜も楽しい時間となるはずです。国際福祉機器展には、こういったバリア(課題)を除去する製品やグッズが幅広く展示されています。車いす選び

子どもの成長を考えた、車いす選び

今年、17か国1地域527社の出展が決まっているこの大規模なイベントは、ずらっと並べられた展示を見るだけでは終わりません。機器の実践を見学したり、障害を持った子ども向けの機器や療育についても学ぶことができます。開発された機器の発表では、新たな希望が見えてくるかもしれませんね。 国際福祉機器展H.C.R 2016

開催日:2016年10月12日(水)~14日(金)

場所:東京ビッグサイト東展示ホール

入場料:無料

「国際福祉機器展H.C.R 2016」の詳細はこちら

旅先の不安を解消!プロフェッショナルから学ぶバリアフリー旅行の知識

パシフィコ横浜

パシフィコ横浜の会場にはバスも設置される

障害を持った人にとっての旅行は、無理のない計画を立てること、また、旅行する上での不安材料をできるだけ解消しておくことが大切です。こういった旅行をテーマにしたコーナーも設置している「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」(以下、ヨッテク)では、暮らし全般に活きるリハビリテーションの技を学ぶことができます。ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド

バス移動で役立つ、実演講習の様子

この「旅行」コーナーでは、バス・電車・飛行機など公共交通機関を利用するコツやヒントを紹介していたり、バリアフリー旅行の企画会社や運営会社に相談することもできます。またリハビリセンターでは、旅行を通じて障害者の自立と社会参加を支援する「旅リハ(R)」を実施。ここで働く医療・福祉・工学のプロフェッショナルや、障害者の旅行に同行したスタッフのノウハウをもとに、様々な視点からアドバイスをくれるのも魅力的です。実際に、障害を持った多くの人がヨッテクを通して旅行にチャレンジしています。 ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy