ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤西仁&山田孝之=「JINTAKA」がリリースイベントでデビュー曲を初披露! まさかの解散宣言も…?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


赤西仁と山田孝之が結成したユニット・JINTAKAが、デビューシングル「Choo Choo SHITAIN」をリリース記念イベントで初披露した。

10月3日に豊洲PITで開催された、このイベント。シングル購入者の中から抽選で招待された観客、合計5000人(1日2公演)の前でJINTAKAがデビュー曲を初披露したのだが、なんと直後に衝撃の解散宣言が飛びだし、場内は騒然となった。

今年の4月1日、エイプリルフールに赤西が自身のInstagramに2人の写真をアップしたことから始まったユニット、JINTAKA。そんなジョークが現実のものとなり、作詞・作曲を共作、さらにセルフプロデュースによるデビュー曲とミュージックビデオまで制作するなど、大反響の中で迎えたイベントだった。

JINTAKAによる「Choo Choo SHITAIN」の生パフォーマンスからスタートしたイベントは、曲の後半でステージ前方に2人が出てきて観客をあおったりと、大盛り上がり。続いて「今からちょっとしゃべりTAIN」ということで、トーク・コーナーに突入。

「意外にもこういうステージで歌ったのは初めてなんだよね」と赤西が指摘すると、「そうですよ」と山田。また「俳優だからとかシンガーだからとかではなくて、歌いたければ歌えばいいし、演じたければ演じればいいし、エンターテインメントの世界でやっているんだから、エンターテイナーであるべきだってことで一致したよね」という赤西のコメントからは、10代の頃からの友人だという2人の絆の深さが垣間見えた。

その後、ゲームコーナーを挟んで記者会見が行われたのだが、「2人の映画での共演も観てみたいという声があがってますが?」という質問に対し、「もちろん考えてます」と山田が即答すると、会場からは「オーッ!」という歓声が起こった。また、「JINTAKAの今後の予定は?」との質問に対して、赤西から突然の「えーと、解散します」と発表されると、、会場からは悲鳴のような声が。

「2枚目のシングルどうするって時に、意見の違いもあって、方向性の違いで解散しTAINと思いました」と赤西が解散理由を説明。その発言を受けて、山田が「僕は続けたくて、”次のシングルはバラードがいい”って言ったんですが、仁が”ロックがいい”って言って、意見の違いが出るってことは合ってなかったってことだから、解散するしかないのかなって」と、持ち前のユーモアセンスとさすがの演技力で泣き声まじりにコメントした。

「JINTAKAは解散だけどね……」(山田)、「俺らは先を見ているし」(赤西)という意味深な発言も出たイベントの最後には、再び「Choo Choo SHITAIN」が披露され、10人のダンサーと共に会場内にパーティー空間が出現。最後は2人の唇が最接近してイベントは終了した。

なおJINTAKAは、10月8日に代々木競技場第一体育館で開催される「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」への出演が決定しているので、ひとまずこの日がラストステージとなるようだ。

【関連リンク】
・JINTAKA「Choo Choo SHITAIN」 MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=qMqkcvidX1s
・JINTAKA オフィシャルサイト
http://jinakanishi.com/jintaka_ccs/

関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
新大食い王・MAX鈴木がメチャクチャ強すぎると話題に 史上初の新人で完全優勝、ジャイアント白田も認めた!
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
BRAHMANのTOSHI

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP