ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CLØWD、ツアーファイナル開催「叶わない夢などないことを俺達CLØWDが証明するよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1stフルアルバム「TENDERLOIN」を手にスタートした「CLØWD 1st Full Album Release Tour『関東無礼区行脚-KANTO BREAK TOUR-』」。

メンバーそれぞれが対バン相手を指名し、毎回2マンスタイルで実施。レイヴ/ベル/ぞんび/Neverland/Develop One’s Facultiesをライバルに5本行ったバトルの先に待ち受けていたのは、9月30日 高田馬場AREAを舞台にしたワンマン公演「東京最終無礼区」だった。

ライヴは、1stアルバム「TENDERLOIN」の冒頭を飾った「Child’s Dream」からスタート。「初めて出逢う君に魅せよう 夢を見る胸の内側を」。この歌に込めた想いこそ自分たちが音楽を奏でる理由だと、CLØWDは宣言。

その言葉は、確かな力と躍動を持って気持ちを熱く疼かせていた。「それでも、愛している」でも彼らは、「夢を見たくて両手伸ばした〜そう君も賜れるさ」とCLØWDを支える人たちへ想いを届けるように。何より、ともに明日へ鼓動を鳴らそうとKØUは歌いかけてきた。

「独裁しようかー!!」魂が嬉しさに打ち震えて止まらない!!進撃の狂騒曲「独裁Rhapsody」が火照りだした感情を熱く高ぶらせてゆく。KØUと観客たちとの絶叫のバトルが勃発した「BXXXes」を通し、CLØWDは荒ぶるロックな衝動を叩きつけてきた。重厚な音を背にした「狼煙」では、鋭い牙を剥き出しながら「暴れろ」と観客たちの感情を煽り続けてゆく。

タオル振りまわす熱狂を生み出した「レッドホット・ディスコ」を通し場内をダンスフロアへ塗り変えれば、業火の中で踊り狂う興奮を与えた「セブンスセンス」や、観客達が左右へモッシュし続けた「CHECK MATE」を通し、誰もが魂を熱く掻きむしる宴の中で恍惚に溺れていた。

KØUは歌った、「時代を作りだせ」と。その答えの一つを熱した空間が証明していた。

なんてお洒落なムードだ、繊細な音の絨毯を紡いだミッドメロウな「Tomorrowland」。一転、轟音を響かせたダークでラウドな「エイジレス」を通し、会場には頭を振り乱す暴れの空間が生まれていた。どんどん熱を溜め込んでゆく場内。興奮した想いを優しく包みこむよう、CLØWDはふたたびメロウで美しいバラード「Thank you for coming」を紡ぎだした。

火照った気持ちが少しずつ優しさに癒されてゆく。はしゃいでいた動きさえ止め、誰もが心を温かく抱きしめる歌へ身を委ねていた。

CLØWDが連れ出したのは、刺激を孕む楽園だった。豪快に躍動するシンフォニックロック「RUDENESS RESORT」が、大きな唸りを持って観客たちを一気に呑み込んだ。雄大な音の波に溺れながら観ていたのは、神々しい楽園の風景?!いや、病みに蝕まれたパラダイス。

常夏の島なんかより、闇を抱いた無頼な空間こそ、観客らにとっては最高の無法地帯(TENDERLOIN)だ。「引き金弾いてやる、撃たれる覚悟は出来てるから」。彼らは捨て身の闘いを仕掛けてきた。「Way to…」を通し5人が突き刺した音の弾丸。ダイナミックな音の塊が炸裂。

「ワットインテンション」に飛び乗り、場内中の観客達が雄叫びを上げ騒ぎだした。「俺たちの理想としているライヴがもう少しで出来上がる、やれんのかっ?!」「俺たちの目覚めを見せてやる!!」。樹の叩きつける重厚で華激なダンスビートが炸裂。

「WAKE UP」に飛び乗り、会場中の人達が一斉に跳ねてゆく。その衝撃は、感情の奥底に隠していた本性を目覚めさせていった。理性をぶっ壊し、誰もが心の野生を剥きだしに騒いでいた。

「Worry?」に身を預け、全力で身体を揺さぶり、を舞台へ絶叫ぶつけてゆく観客たち。荒れ狂う嵐の中へ巻き込むように、CLØWDは「#夏の微熱」を突きつけた。

夏の台風以上に制御の効かない熱した暴風が場内を包みこんでゆく気分?!ただただ、無邪気に暴れ狂えばいい。互いに裸になって本性をさらけ出してこそ、一体化し交わる熱狂のエクスタシーが生まれる。それこそが、人の持つ本能だ。

これまでの熱狂を昇華するよう、CLØWDは最後に「Film of Life」を演奏。「君と生きる」。その言葉を笑顔で一緒に交わしながら、誰もが「Film of Life」に詰め込んだ想いを分かち合うよう躍動する楽曲に抱かれていた。

アンコールでは、樹のDrums soloが炸裂し、猟平とのRhythm sessionへとつながる。そしてメンバー皆が呼び込まれ、切っ先鋭い音を突き付けた「傷声」が飛び出した。

ダークでラウドな姿勢のもと、観客たちへ挑みかかるメンバーたち。業火ならぬ轟火な演奏に触発されないわけがない。舞台最前列に逆ダイの光景が生まれれば、何度も繰り返される煽りに触発された庵と冬真のギター陣は、客席へ身を預け演奏。

なぜかベースの猟平は、みずからのスマホで暴れる観客たちを撮影し続けていた。ギュウギュウ状態の中でさえもみくちゃになってはしゃぎ続ける観客たち。その煽りが止まない限り、絶叫も途切れることはなかった。

「叶わない夢などないことを俺達CLØWDが証明するよ」。KØUの言葉に続き、ともに未来へ進もうと約束を交わすよう、最後に心地好く駆ける「キミトボクラ」を披露してくれた。

CLØWDが高田馬場AREAに描いたのは、熱狂渦巻く無法地帯(TENDERLOIN)。そこは、病み付きになる刺激が満載の楽園だった。

この日、CLØWDから新しい情報として、12月21日に新しいシングルの発売。さらに、2017年1月より初の東名阪ワンマンツアーを行なうことを告知してくれた。

熱狂の続きを来年早々に味わえるなんて最高の年明けじゃない?!すでにワクワクが高鳴り出してるよ。

Text by 長澤智典
Photo by 西槙太一

<セットリスト>
M-1「Child’s Dream」
M-2「それでも、愛している」
M-3「独裁Rhapsody」
M-4「BXXXes」
M-5「狼煙」
M-6「CHECK MATE」
M-7「レッドホット・ディスコ」
M-8「セブンスセンス」
M-9「Tomorrowland」
M-10「エイジレス」
M-11「Thank you for coming」
M-12「#0507RRR」
M-13「RUDENESS RESORT」
M-14「Way to…」
M-15「ワットインテンション」
M-16「WAKE UP」
M-17「Worry?」
M-18「#夏の微熱」
M-19「Film of Life」
-ENCORE-
M-1「Rhythm Session」
M-2「傷声」
M-3「キミトボクラ」

リリース情報
シングル「タイトル未定」
2016年12月21日(水)発売
※詳細は後日発表

ツアー情報
CLØWD 2nd Anniversary & 1st ONEMAN TOUR「Happy Birthday 2 You」
2017年1月7日(土)大阪・FANJ OPEN 17:00 / START 17:30
2017年1月8日(日)名古屋・ell size OPEN 17:00 / START 17:30
2017年2月4日(土)東京・Zirco Tokyo OPEN 17:00 / START 17:30
2017年2月5日(日)東京・Zirco Tokyo OPEN 17:00 / START 17:30
<チケット>
前売り:3,500円/当日:4,000円
※税込・オールスタンディング・ドリンク代別
※営利目的の転売禁止 / 未就学児童入場不可
・先行受付中(抽選)
受付期間:10月1日(土)12:00〜10月28日(金)23:59
http://clowd.tokyo/news_detail/news_270.html
チケット一般発売:2016年11月19日(土)

関連リンク

CLØWD オフィシャルサイトhttp://clowd.tokyo/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP