体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い

生活・趣味
「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い

ムササビのようにウイングスーツで滑空するエクストリームスカイダイブ、バイクで空中回転するフリースタイルモトクロス、断崖絶壁の滑落にしか見えないダウンヒルマウンテンバイク…。エクストリームスポーツは死と非常に近い位置にある。それでも、エクストリーマー達は「世界初、世界一」を求めて、極みを目指し続ける。

必ずつま先から入る。じゃないと大ケガをするからだ。

「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い

この9月にボスニア・ヘルツェゴビナでおこなわれた「レッドブル・クリフダイビング」の第7戦は、モスタルという街にある世界遺産「スタリ・モスト」が舞台。高さ21.5mの橋の上に、さらに高さ6mの飛び込み台がプラスされ、男子27.5m、女子21.5mから、技を取り入れながら飛び込むもの。

鍛え尽くされた肉体美が、驚速で回転し、まるで大砲のような音と共に川面の中に消えていく様は、強烈のひとことだ。「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い

27.5mの飛び込み台上は、おおよそオフィスビルで8階くらいの高さ。この高さからまともに衝撃を受けてしまうと、コンクリート壁に全力でぶつかりにいくのと同じ衝撃に相当する。

着水時に、できる限り棒形状になってつま先から入らないと、水面の衝撃が体を襲う。ほんのわずかに斜めで着水してしまうだけで、あざだらけになってしまうほど。ハイダイブでまず意識しなければいけない関門はここにある。もっと言えば、水で急激に減速をかけられる着水のタイミングでは、下半身と上半身の緊張と弛緩を使い分ける必要があるという。

加速度はモータースポーツを超える。

「南極の崖からダイブしたい」。飛び込みに人生をかけたエクストリーマー達の舞い

タイトルを欲しいがままにしているトップダイバーのギャリー・ハントはこう語る。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会