体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島津家も応援!薩摩剣士隼人スピンオフ『巨人伝説サツマジン』ついに始動

島津家も応援!薩摩剣士隼人スピンオフ『巨人伝説サツマジン』ついに始動

鹿児島県の誇るご当地ヒーロー『薩摩剣士隼人』のスピンオフ作品『巨人伝説サツマジン』が2016年10月からついに動き出しました。KTS鹿児島テレビで放送中の『薩摩剣士隼人』10月2日放送回より登場しているのですが……。

【関連:鹿児島県の新キャラが「イケベア」すぎて捕食された人続出】

本作は6月に行われた専門学校での隼人イベントのラストで、サプライズ発表された作品。「10月本格始動」と告知されていましたが、その後主要キャストのオーディション告知は行われていたものの詳しい内容は明かされていませんでした。そんな沈黙をやぶり9月に行われたKTS鹿児島テレビのイベントで一般初披露。改めて10月始動とされたのですが、まだちょこっと出演だけでその存在は謎のまま。

あまりに分からないことだらけなので、隼人とサツマジンの生みの親である、鹿児島特撮界の重鎮・外山雄大監督に詳しい話を聞きに鹿児島まで会いに行ってきました!

外山監督とサツマジンイメージ

■新作「巨人伝説サツマジン」について聞いてみた

-10月から登場している「巨人伝説サツマジン」についてですが、これは何がモデルなんですか?

外山監督)鹿児島県には巨人伝説がいくつかあるんです。弥五郎伝説の「やごろうどん」と、日置八幡神社の仮面神「大王殿(でおどん)」。やごろうどんは、1300年ほど前に南九州にいた隼人族の長といわれていて、伝説上だと歩いた後が谷や沼になったぐらい大きかったと言われている。

でおどんは、約3メートルぐらいの仮面神。やごろうどんより多分小さいけど、でもそれでも大きいよね。そういう伝説が子供の頃から近くにあって、さらに子供の頃から好きなSFロボットだとかのの要素を加えて、あとおじいさんと孫が出てきたりしたら面白いなぁって。

巨人伝説サツマジン

■島津家現当主がバックアップ

-そのおじいさんと孫のモデルが、先ほど資料で拝見した「島津重豪(しまづ しげひで)」と「斉彬(なりあきら)」。今回の「サツマジン」を一度蘇らせたという役柄で、同名で出てくるんですよね。

外山監督)そうそう。重豪と斉彬は過去シーンでちょっと出てくるだけだけど、結構重要な役どころで登場する。今回オーディションをしたのだけど、島津興業の社長で島津家現当主も決める前に是非見せて欲しいって興味を持ってくれた。

-島津家の現当主ですか!?

外山監督)そう。「巨人伝説サツマジン」では鹿児島の近代化遺産とか、色んなところを撮影に使いたいと思って。そういう名所ってだいたい島津興業が管理してたので、お願いにいったら協力してくれる流れで、興味を持って貰えたんです。重豪を今回みたいに描くのも珍しいらしく。

-重豪といえば当時としては西洋文化に明るいけれど西洋かぶれが過ぎて藩に莫大な借金を作ったり、政治面でも強引なところが多々有り小説とかでは「悪役」っぽいイメージがあります。それなのになぜ起用しようと思ったのですか?

外山監督)重豪は先を行きすぎた好奇心旺盛な人だったと思う。「西洋かぶれ」もその一つ。借金を作ったりなどあるけども、良い面も沢山あって人間味にあふれる部分が多い人だったと思う。後に名君とよばれる「斉彬」を早くに認め溺愛し強い影響を与えたって言われてるし。
そういうアプローチから、「斉彬」とコンビを組ませることで「こういう面もあるよ」っていうのを描きたいと思ったんです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy