体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

流行の波はもうすぐそこまで!いまポルトガルに行くべき6つの理由

郷愁に満ちた古都。大切な人と旅したいリスボン
ヨーロッパの最西端に位置するポルトガルという国。ヨーロッパのなかでは知名度はそんなに高くないけれど、実は秘められた魅力がたっぷりなんです。今回は筆者が実際に旅して感じたポルトガルの魅力を6つに濃縮してお伝えしたいと思います。

1.町歩きがたのしい!

流行のウェーブはもうすぐそこまで!ポルトガルに行くべき6つの理由

青空とカラフルな街並み・・・簡単に画になってしまいそうなポルトガルのその街並みは、歩いているだけで気持ちが高揚してきてしまうほど。ポルトガルの第二の都市ポルトはその美しさのあまり、ジブリ映画『魔女と宅急便』のモデルになった場所と噂されています。ポルトに負けず劣らず首都リスボンは路面電車が有名で、鮮やかな街並みを駆け抜けるその光景には毎年多くの観光客が魅了されています。

2.ナイトライフが充実している

流行のウェーブはもうすぐそこまで!ポルトガルに行くべき6つの理由

せっかく来たなら思いっきり楽しみたい! そんな方たちに是非オススメしたいのがポルトガルのナイトライフ。実はここポルトガルでは伝統音楽の「ファド」の生演奏を聴ける場所が街中に数多く点在しているんです。店内もカジュアルな場所が多いので、躊躇することなく足を踏み入れられるのも海外旅行での嬉しいポイント。生演奏を聴きながら、地元の人たちとグラス片手に酔いしれてみてはいかがでしょう。気になる治安に関してはポルトガルはヨーロッパ国内でいうと比較的安全とされていますが、すべて自己責任なのでハメの外しすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

3.物価が安い!

流行のウェーブはもうすぐそこまで!ポルトガルに行くべき6つの理由

ヨーロッパといえばどうしても物価の高いイメージが先行してしまいがちですが、ポルトガルの物価は西ヨーロッパではぶっちぎりで安いです。そのため、ヨーロッパ人が小旅行にいくときにはポルトガルを選ぶことも少なくないそう。バックパッカーが泊まるような宿は1000円〜から見つけられ、ラグジュアリーホテルだって他のフランスやスイスなどの物価の高い国と比べると安く感じるほどの場所がたくさんあります。物価というのは旅する上で見逃せない重要なポイント。「おいしいものやお買い物には妥協も我慢もしたくない!」というワガママな方には最高の場所なんです。

■あわせて読みたい
心からほっとしたいときの旅先に。7つの丘に囲まれた街リスボン
【ポルトガル】どこを切り取っても絵になる、秋のリスボン
【ポルトガル】神秘好きなら一度は訪れたい、謎に満ちた「ペナ宮殿」

4.ご飯がおいしい!

流行のウェーブはもうすぐそこまで!ポルトガルに行くべき6つの理由

忘れてはいけないのは美味しいポルトガル料理の数々。海に面したポルトガルでは、新鮮な海鮮物が比較的安く手に入るためポルトガル料理の家庭料理には海鮮がよく使われています。味付けが濃いイメージのあるヨーロッパのなかでもポルトガルの料理の味付けは実はシンプルなものが多く、日本人の舌にもよく合うものばかり。それもそのはず、南蛮漬けや天ぷらをはじめとする料理はポルトガルが日本へ伝えたことだけあって、ポルトガル食は日本人に馴染みの深いどこか懐かしさすら感じるものが多いんです。とくにポルトガルの国民食ともいわれるバカリャウ(干し鱈)は絶品! ワインとのコンビネーションが抜群です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。