ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

く〜っ、カッコいい!伊達男の雰囲気たっぷりの彫像「漆黒の伊達政宗像」が発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仙台藩初代藩主、伊達氏の第17代当主であった伊達政宗。2017年は伊達政宗の生誕450年にあたります。

その生誕450年を記念して、実に高級感あふれる雰囲気たっぷりの彫像「黒漆五枚胴具足着用 伊達政宗武将像」が発売です。

漆黒の政宗!く〜っ、カッコいいですね!これを伊達男と呼ばずしてなんと呼ぶ。

この彫像は彫像作家・海野 宗伯(うんの そうはく)さんによる作品で、素材は主にポリストーンで製作され、重量は約3キログラムと重量感も十分!大きさは幅32cm、奥行き30cm、高さ53.5cmとなっています。

海野さんはこれまでに織田信長、真田幸村と製作しており、今回だ第3段。同氏は30年以上にわたり戦国大名と戦国美術の研究を行ってきており、甲冑装束の正確な再現と美表現が素敵です。

伊達男という言葉が現代まで残るにふさわしいこの立ち姿。男性の歴史ファンのみならず、歴女の皆さんも惚れ惚れしてしまうことでしょう。陣羽織の揺らぎ感も美しく表現されているので後ろ姿もすごく様になっています。

カラーリングは漆黒を基調とし赤色がポイントになっていますね。伊達政宗の代名詞でもある三日月の兜はもちろん黄金色。ファンが想像する理想形の伊達政宗像に仕上がっている気がしますが、いかがでしょう。

価格は¥216,000 (税込)と実にプレミアムな価格ですが、一生モノ、家宝にと考えるならアリかも…。「黒漆五枚胴具足 伊達政宗 武将像」は限定50点の販売となります。

黒漆五枚胴具足着用 伊達政宗 武将像|海野宗伯作

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

幸村、信長、家康…。戦国武将の日本刀の鍔にちなんだ「武士の食卓 鍔コースター」誕生
美しく完全再現!国宝 帝釈天像が東寺公認のフィギュアになって登場です
似合いすぎだわこれ!スパイダーマンが大胆アレンジで甲冑フィギュアに「侍スパイダーマン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP