ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シンプルなすてきデザイン!伝統工芸士によるとっても可愛い桐の子供椅子「CHOCON」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シンプルなすてきデザイン!桐で作られた子供椅子『CHOCON』(チョコン)は伝統工芸品「大阪泉州桐箪笥」の伝統工芸士と大阪のデザイナー・乾 陽亮氏との共同開発で生まれました。

素材として使用されている桐は古くから高貴な樹とされ、日本では女の子が生まれると健やかな成長への願いを込めて庭先に植える風習もあったようです。嫁入りのときには、誕生したときに植えた桐の木でこしらえた箪笥を嫁入り道具として持参する風習もあり、現在でも続いている地域もあるんですって。素敵!

chokon1

桐の持つ手触りと質感を感じられる乳幼児用の椅子として作られた『CHOCON』は、一見シンプルながらも細かいところにまで心配りがいっぱい。木材の表面はペーパーで木目を潰さないカンナ仕上げで、さらりとした桐本来の手触りが残されているとのこと。桐のもつ素材の魅力が手のひらで感じられます。

chokon3

直線で構成されたシンプルなデザインの椅子ですが、置き方を変えることで座面の高さが変わるので、成長に合わせて長く使うことができます。一番低い138mmの1歳児の子供椅子は、背もたれと手すりが高めなので7ヶ月ころから使えます。

ひっくり返すと座面が210mmの背もたれと手すり付きの6歳児用に変身。さらに90度回転させて背面を座面にすると大人用の腰かけに。3つの置き方であらゆる年代の方に使えるようなデザインです。柔らかくて畳を傷つけない桐の椅子は和室でも使えるのがうれしいですね。

9_21

座板と背もたれの間にある隙間は、視覚的に軽やかさを出しつつ持ち手としての役割も持ち、子どもでも簡単に持ち運べるようになっています。

chokon4

横から見ると、座板が後ろから差し込んだような形になっていて、組み合ったホゾもデザインの一つに。子ども椅子とは言えども、蟻継ぎや木釘といった大阪泉州桐箪笥に使われている伝統的な技法で、精巧に美しく組み立てられています。

chokon5

きちっと組合せられた継ぎ手には、伝統工芸の粋が感じられます。制作したのは大阪府岸和田市で1919年から続く田中家具製作所。販売価格は¥40,000(税別)。和室でも洋室でも馴染み、長く使える『CHOCON』は一生モノの椅子かも。贈り物としても喜ばれそうですね。

大阪泉州桐箪笥の「初音の家具」|田中家具製作所

乾陽亮設計事務所|大阪のデザイン事務所

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

優しい素材感と彩り!高知の伝統工芸「土佐和紙」のメガネ・スマホクリーナー
こういう本物待ってたーっ!伝統工芸士による漆塗り木製スマホケースの美しさったらない
おもしろそーーっ!中川政七商店から実際の工芸が登場する「日本工芸版モノポリー ZIPANGU」発売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。