体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【低FODMAP食】過敏性腸症候群(IBS)を食事療法で治す!

【低FODMAP食】過敏性腸症候群(IBS)を食事療法で治す!
ストレスが絶えない現代社会で、健康問題としてあがっているのが過敏性腸症候群(IBS)とよばれる病気です。

しかし、このIBSに対し近年食事に着目した療法として注目を浴びている、フォッドマップ(FODMAP)食事療法をご存知でしょうか。

今回はこの「FODMAP食事療法」について、栄養士の横川先生に解説をしていただきました。

過敏性腸症候群(IBS)

【低FODMAP食】過敏性腸症候群(IBS)を食事療法で治す!
過敏性腸症候群は検査では異常がないにも関わらず、慢性的に下痢や便秘、腹痛や腹部膨満感などに悩まされるお腹の病気です。

主に男性では下痢型、女性では便秘型が多い傾向にあると言われ、便通の状態により、便秘型、下痢型、混合型の3つに分類されます。

また、詳しい発症原因ははっきりとわかっていないのが現状ですが、心理的ストレスが関わっていると言われ、繊細で感受性の強い人ほど発症しやすい傾向があります。

過敏性腸症候群(IBS)の人の食事での注意点

IBSは胃腸の負担を軽減することが大切です。 それをふまえ、以下のポイントを心がけると良いでしょう。

◎食事リズムを一定にする

◎良く噛んで食べる

◎脂っこい料理(お菓子、インスタント食品)などは、できるだけ避ける

◎熱すぎたり、冷たすぎる食べ物や飲み物、香辛料、アルコールなどは控えめに

しかし、食事はいろいろ気を付けすぎると神経質になり過ぎになり、かえって、ストレスを悪化させることも考えられます。

その為、好きな人や、お気に入りの食器で食べるなど工夫を行い、楽しく美味しい食事時間にすることは、ストレスを軽減する為にも大切です。

FODMAP食事療法

ここ数年、オーストラリア大学の研究グループが発表したIBSの食事療法であるFODMAPが注目されています。

FODMAPは、過敏性腸症候群(IBS)の原因となる食べ物を探る食事法で、以下の頭文字をとって名づけられています。

・Fermentable(発酵性)

・Oligosaccharides(オリゴ糖)

・Disaccharides (二糖類)

・Monosaccharides (単糖)

・And

・Polyols (ポリオール)

具体的には腸で発酵しやすいFODMAP(オリゴ糖、二糖類、単糖類、ポリオール)を含む食材を最小限まで控え、その後、1つずつ食材を足していき、おなかの調子をみていくという療法です。

高FODMAPの食材

■リンゴ

■スイカ

■ドライフルーツ

■アスパラガス

■ブロッコリー

■マッシュルーム

■小麦

■パスタ

■クッキー

■アイスクリーム

■ヨーグルト

■チーズ(soft)

■ソルビトール

■マンニトール

■ハチミツ

■コーンシロップ

■枝豆

■大豆

低FODMAPの食材

□バナナ

□ブルーベリー

□メロン

□レモン

□グレープフルーツ

□ぶどう

□みかん

□人参

□ピーマン

□きゅうり

□インゲン豆

□レタス

□セロリ

□じゃがいも

□かぼちゃ

□グルテン抜きパン

□米

□オーツ麦

□ラクトース抜き牛乳・ヨーグルト

□豆腐

FODMAPの実践方法

FODMAPは調味料などにも含まれている為、実践中はなるべくシンプルな食材を使って、自炊が好ましいでしょう。外食や市販品を利用する際は、FODMAPが含まれていないか、注意をしながら行っていきます。

最初の2週間

はじめの2週間はFODMAPの量を最小限に抑えます。基本的には、この2週間で体調がよくなればFODMAPが原因になっている可能性が高いとされ、改善しなければ食事療法は中断となります。

3週目

3週目は、麦を加えていくため、パン、醤油、麺、お菓子などがOKとなり、食べられる幅が広がります。もちろん、麦以外の制限はまだ必要の為、市販品、外食には注意が必要です。

麦の追加時点で調子が悪くなればセリアック病、麦アレルギー、グルテン不耐症などが疑われます。

4週目

麦の追加後も体調がよければFODMAPが不調の原因の可能性が高くなり、第4週目はチーズや牛乳など「ラクトース」を多く含む食品を取り入れ、原因を探ります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。