ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ディズニーの実写版映画『ムーラン』が2018年に公開へ、リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが脚本をリライト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、実写版映画『ムーラン』の米劇場公開日を2018年11月2日に決定した。映画『ジュラシック・ワールド』や映画『アバター』続編で知られるリック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが脚本のリライトを担当する。

2人は、ローレン・ハイネックとエリザベス・マーティンによる脚本をリライトするため、2015年から作品に参加した。

クリス・ベンダー、ジェイク・ワイナーと共にプロデュースを務めるジェイソン・リードによって、同作は急ピッチで製作が進められてきた。

監督はまだアナウンスされていない。ムーラン役を演じる中国人女優を探すべく、世界規模のキャスト選びが間もなく始まる予定だ。

同スタジオは、映画『マレフィセント』や映画『シンデレラ』の成功以来、実写映画に力を入れ、来年公開の実写版映画『美女と野獣』はすでに2017年で最も期待される映画の1つとなっている。5月に公開された同作のティザー・トレーラーは、最初の24時間で9180万回の再生記録を打ち出し、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を上回った。エマ・ワトソン、ルーク・エヴァンス、ダン・スティーヴンスが出演する同作は、2017年3月17日に米劇場公開を迎える。

1998年公開のアニメーション版『ムーラン』は、ミンナ・ウェン、エディ・マーフィ、ミゲル・ファーラー、B・D・ウォンが英語版の声優を務め、中国語の吹替え版にはジャッキー・チェンが参加した。同作は、全世界で3億400万ドルの興行収入を記録した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP