ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

理想vs現実?カリスマブロガーの舞台裏!レンズの向こう側にある衝撃の真実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見ているだけでもうっとりとする、美しい料理の写真たち。筆者も、素敵な写真を投稿してくれるインスタグラマーたちを何名かフォローしています。でも彼らの投稿を見る度に、「どうして私は、こうやって素敵な写真がとれないんだろう」と自分のキッチンを眺めながらため息をついたりもしていました。まるでそんな私たちの思いに応えるように、カリスマ・インスタグラマーやフード・ブロガーたちがその舞台裏を公開し、話題を呼んでいます。

レンズの向こう側にある、衝撃の真実


(C) Wren Kitchen

赤ちゃんが泣き叫び、空になった紙パッケージが空しく転がるキッチン。 子供がいる方には既視感のある光景ではないでしょうか。こんな「あるある」画像を公開してくれたのは、ライフスタイル・ブロガーのBridieさん。普段は、ご自身のブログやインスタグラムで素敵な生活の写真を投稿されています。いつもはインスタグラムで可愛らしい笑顔を見せているBridieさんの娘さんEmmaちゃん(2歳)ですが、せっかくのマフィンを目の前にしてもご機嫌ナナメですね。


(C) Wren Kitchen

一方こちらは、ロンドン在住のElfaさんのキッチン。息子さんとブルーベリー・パンケーキ作りを楽しんだ後のキラキラ画像の外側には、こんな現実が隠されていました。そうそう、出来立てを撮影しようと思うと、こぼれた小麦粉を拭くのも後回しですよね。想像ですが、息子さんに「早く食べたい!」なんてせかされているんじゃないでしょうか。

では、どうしてBridieさんやElfaさんは、こうした舞台裏を公開してくれたのでしょうか。それには、とあるキャンペーンが関係していました。

理想と現実を見せてくれた理由


(C) Wren Kitchen

実は、イギリスのキッチン・デザインと販売を手掛ける「Wren Kitchen」という会社が、有名なパパ&ママブロガーたちと協力して「A Kitchen Lived In: Perception vs Reality」というキャンペーンを立ち上げたのです。


(C) Wren Kitchen

「キッチンの中の理想と現実」と銘打ったこのキャンペーンに賛同してくれたのは、先ほどご紹介したBridieさんやElfaさんの他にも3人いて、合計5人。こちらは、息子さんと「ブルーベリー&ピーチパルフェ」を作ったEmmaさんの画像。SNSアップロード用には、ジャー入りパルフェと可愛いパネルだけフレームインさせて他はトリミング!

■あわせて読みたい
【最新トレンド】NYで最もインスタグラムされた人気グルメ20
【世界で話題に】ジュエリーみたい。この世で一番美しいケーキ20

実はキッチン・メーカーのWren Kitchenは、「 多くの子育て中のブロガーは、完璧な人生と完璧なキッチン、更には完璧な親としての自分自身を演出するためにプレッシャーをを感じているのではないか」と疑問に思ったそう。そこで影響力のある5人の子育てブロガーの協力を仰ぎ、「完璧に見える素敵なブロガーでも、舞台裏はみんなと同じですよ!」という現実を教えてくれたのです。


(C) Wren Kitchen

2歳の息子さんとカリフラワーピザを作ったHannahさんが語る、「出産前は、子供と笑いながらケーキを作るイメージを持っていました。トッピングを一緒に楽しんだり。もう一度言いますけど、出産前は、ですよ。」という言葉からも、カリスマ・ブロガーでさえ理想と現実のギャップを味わっていることが伝わってきます。


(C) Wren Kitchen

そんなギャップと格闘しているのは、ママブロガーだけではありません。こちらのJackさんは職業がお医者さんのパパブロガーです。多忙な中で食事を作っているので、片付けなんて後回し。お子さんのおもちゃを押しのけてプレートを置き、撮影用にライトを照らしているところがリアルです。

清々しい「完璧じゃない」写真たち

一見、完璧に感じられる素敵な画像には、こんなキッチンの現実が隠されていたのですね。舞台裏を公開してくれた5人の写真は、散らかっているのに不思議な清々しさを感じさせます。それは、「完璧じゃなくたっていいじゃない」という、カリスマ・ブロガーたちのメッセージが込められているせいかもしれません。カリスマを身近に感じられるとともに、「今のままでもいいんだな」と肩の荷が下りたような気がします。

そしてこのキャンペーンを起案したWren Kitchenは、「キッチンはインスタグラムの重要な背景でもありますが、一番の役目は家族が楽しめる食事を作る場所であってほしいですね」とキャンペーンblogページの最後を締めくくっています。
そう、一番大事なのは美しい画像を撮影することではなく、楽しく食事をすることですからね。そのことを、忘れずにいたいと思います。

[Photos by Shutterstock.com]
[A kitchen lived in: Perception vs reality]
[Candid Photos Reveal the Mess Behind those Perfect Instagram Food Photos]
[Parents share the candid and very messy reality behind those ‘perfect’ Instagram shots – and it will make you feel a LOT better]

■あわせて読みたい
絶対行きたくなる!世界の絶景インスタグラム5選
世界中のインスタグラムで人気の「寿司ドーナツ」って知ってる?

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP