ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

だるいのは低体温が原因かも! どうやって改善すればいいの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何となくだるいとか、頻繁に頭痛が起きるとか、何となく調子が悪いという方が増えています。不調の原因にはいろいろありますが、もしかしたら体温が低いせいかもしれません。健康な人の体温は36.5℃~37.1℃です。平熱が36℃未満という方は、低体温症が原因でいろいろな不調が出ているのかもしれませんよ。

低体温症になるとどんな不調が起きるの?

低体温症は平熱が36℃未満の状態で、決して病気ではありません。でも、体温が低いと血流が悪くなり、さまざまな体の不調が現れてしまいます。白血球には体内に侵入したウイルスや細菌から体を守る働きがありますが、血流が悪くなると白血球の働きも落ちてしまいます。その結果、免疫力が下がり、風邪を引きやすくなったり病気にかかりやすくなったりします。体温が1℃下がると、免疫力は30%落ちると言われています。血流の悪さは肩こりの原因にもなりますし、脳に酸素が行き渡らないと頭痛の原因にもなります。体がだるいときに熱を測ってみてもし低ければ、白血球の働きが弱まり、疲労物質の乳酸が体内に蓄積しているせいかもしれません。

まずは自分の平熱を知ろう!

自分の平熱を知っていますか? 平熱は健康な時の体温を言いますが、意外と健康な時は体温は測らないという方も多いのではないでしょうか。まずは、自分の平熱を知ることで、低体温なのかどうかわかりますし、体温の変化にも敏感になれます。健康な人の体温は36℃台後半です。もし、体温が36℃未満なら、自分の体温が低めであることを意識するようにしましょう。

体温を上げて体の不調を克服する方法

その1:筋肉を付ける

意外かもしれませんが、低体温になるいちばんの原因は筋肉量の減少です。筋肉は最もエネルギーを消費する場所であり、筋肉量が減少すると基礎代謝も落ちてしまいます。現代の生活は、運動不足に陥りやすく、筋肉を使う機会が減っています。筋肉を減らさないためには、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を上ったり、少しの距離なら歩くなどしましょう。

その2:体を温める食べ物を食べる

食物には体を冷やす食べ物と、体を温める食べ物があります。できるだけ、体を温める食べ物を多く食べるようにしましょう。ゴボウやダイコン、ニンジンなどの根菜類には体を温める働きがあります。筋肉のもとになるタンパク質や、血行を促進するビタミンEを多く含む食べ物も意識して食べるようにしましょう。ネギや玉ねぎに含まれるアリシンにも血流を良くする働きがありますし、生姜には体を温める働きがあります。

何となくダルイという時は、まず体温を測ってみましょう。平熱が低ければ、それを上げることで、体の不調も改善するかもしれませんよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP