ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】他社のオフィスに間借りしよう!メリット大のオフィスシェアマッチングサービス「iKKAKU」に大接近

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ikkaku_1空いているものは、何でも共有。シェアリングエコノミーの面白さは、ここにある。過剰消費見直しが叫ばれる中、その存在感はますます拡大し、人々の価値観をも覆しつつある。

「iKKAKU(イッカク)」も、そんな共有精神に則ったサービスの1つだ。オフィスの空きスペースを提供したいユーザー(企業)と、シェア空間を探しているユーザーをマッチング。これこそ、シェアリングエコノミーの真骨頂ともいうべきものではないだろうか。

提供元は、広島のスタートアップ、マージナル。代表取締役の藤本 英俊(ふじもと ひでとし)氏が、取材に応じてくれた。

・協業メリットが大きいオフィスシェア

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけからお聞かせください。

ikkaku_2弊社も他の会社に、オフィスをシェアさせてもらっています。前職のときには、他社さんと一緒に、オフィスを借りていたこともありました。

オフィスシェアのメリットは、賃料が安くすむことだけではありません。実際には、シェアしている人同士で仕事の相談ができたり、業務のやり取りを行える協業メリットの方が、大きいと感じています。弊社のように、オフィスをシェアされている方も多いと思いますが、マッチングの機会があまりなかったため、ウェブサービスとして立ち上げました。

Q2:「iKKAKU」とは、どんなサービスなのでしょうか。仕組みや特徴など、詳細について教えてください。

ikkaku_3オフィスに空きスペースがある人(企業)がそのスペースを登録し、入居希望者を募集するサービスです。

入居希望者は、登録されているスペースの中から、気になるスペースを見つけて、問い合わせすることができます。その後の入居についてのタイミングや、賃料等の相談については、双方で直接やりとりしてもらうことになります。スペース登録者および入居希望者双方ともに、費用は無料でご利用いただけます。

・スペース登録数増加が当面の目標

Q3:現在は、どのくらいのスペースが登録されているのでしょうか。スタートしてからの利用状況と併せて、教えてください。

まだリリースして数日のため、スペース登録申請数は残念ながら非常に少ないです。入居希望者が好きなスペースを選べる状態になるためには、まだまだ登録数が足りないので、もっとスペースを登録していただけるよう頑張ります。オフィスに空きスペースがある方、ぜひご登録ください!

Q4:今後の展開について、お聞かせください。

ikkaku_4サービスとしては、まだまだ不十分な点が多いのですが、今後は利用者の意見等を参考にして、より良いものに改善していければ、と考えています。

「iKKAKU」以外にもサービスをいくつか運営しているのですが、多くの人に利用してもらえるサービスを運営していくのは難しいなぁ……と、実感しています。ただ、自分たちのサービスを利用してもらったときは、社内が非常に盛り上がるので、今後も続けて盛り上がれるよう、改善に努めながら、新しいサービスのリリースを続けていきたい、と思っています。

本文にあるとおり、成約までのやり取りは、スペース提供側と入居希望者間で行う。双方で条件が合えば、マッチング成功だ。「iKKAKU」の役割は、あくまで情報提供のみ。そこは十分注意の上、利用していただきたい。(取材・文 乾 雅美)

iKKAKU

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。